クラス転移で俺は神になる〜異世界チートハーレム無双〜

guju

話し方

顔合わせを終えた俺は、翌日から始まる学園生活に心沈ませている。
それとは対照的に、シャルロットは学園生活とやらが楽しみであるらしく、ギルドマスターから渡された制服を嬉しそうに受け取っていた。

そんなシャルロットを見て、全く関係の無い事なのだが、俺はふと思ったことを聞いてみた。

「そういやシャルロット。お前、なんで急に喋り方変わったんだ? 」
「主様が、先代の神王様の血族だからですよ」
「ん? おれ、シャルロットに言ったっけ? 」
「いえ、申されてません。契約の際、主様の血を吸った時、先代の血と同じでしたので……」
「って事は、前の神王とも契約を? 」
「そうです。そもそも、私は先代に作られた物。先代が不在の間、あの倉庫で眠っていたのですが……」
「そこにたまたま現れたのが俺だったと」
「はい。でも、あの時は先代の後継者とは思いもしませんでしたが」

シャルロット自体、のじゃロリが素ではあるが、それはあくまで一般人に対して。
自らの主には、そのような態度は取れないとのこと。

「あのさ、前みたいには……」
「命令とあらば仕方ありませんが、出来ればこちらが……。主様にあの様な態度、妾自信が許せません」
「そうか、なら好きにしていいよ」
「感謝致します」

とまぁ、そういうわけでシャルロットの話し方が変わったみたいだ。

俺は、翌日から始まる学園生活に向けてより一層気持ちを沈めた。

「クラス転移で俺は神になる〜異世界チートハーレム無双〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く