クラス転移で俺は神になる〜異世界チートハーレム無双〜

guju

顔合わせ前

あれから2日後、冒険者ギルドより特別な依頼を受けたのだが、どうやら今日その依頼主と顔合わせをするようだ。

学園は完全寮制で、基本的には学園内から抜け出すことは出来ない。
だが、異例の場合は可能なようで今回は受理されたと言うわけだ。

俺は、シャルロットと指定された時刻に冒険者ギルドを訪ねた。

1度来た時と変わらぬ風景。
受付嬢に声をかければ良いと、そう言われていたので受け付けへと向かう。 

「あの、今日ギルドマスターと約束をしていたソウですが」
「貴方がそうですか、マスターよりお話は伺っております。どうぞこちらへ」

受付嬢に連れられて、ギルドの二階部分へと向かう。
ギルドマスターの執務室は、ギルドの2階部分にあるのだ。

道中、不意にシャルロットが聞いてきた。

「主様、どうしてこの依頼を受けたので? 主様であれば、力でどうとにでもなったでしょう? 」
「俺達は今、ひとつ大きな厄介を抱え込んでるだろ? 」
「えぇ」
「今回、この依頼を力任せに断れば、厄介事は2つに増える。そうなれば、それを理由にギルドと国からの同時攻撃が来るかもしれない。無論、俺が負けることは無いが、全く関係の無い人達を殺してしまうのは目覚めが良くない。例えば、勇者の中にいる遙日とか。国の兵士とか、冒険者とか」

主に、遙日なんだが。
今の洗脳状態でクラスのヤツらを殺してしまえば、悲しむのは遙日だ。
彼女は俺なんかにでも優しくしてくれた、いわば恩人。
俺は、恩を仇で返すほど落ちぶれちゃいない。

「そういう事だったのですか。でしたら、妾も精一杯、主様にお仕えするまでです」

理由を聞いて納得したのか、シャルロットはニッコリと笑った。
俺は、その頭を優しく撫でる。

そして、いよいよ依頼主の居る部屋の前まで来た。

「クラス転移で俺は神になる〜異世界チートハーレム無双〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く