クラス転移で俺は神になる〜異世界チートハーレム無双〜

guju

あんなに騒ぎを起こしたと言うのに、あの時誰一人として過度な反応を起こさなかった。

ということは……。

「嵌めたな」

俺は、キリッと鋭い視線をギルドマスターにむける。
だが、帰ってくるのはニヤニヤとした顔。

「なんの事かなぁ」
「あの冒険者は、アンタの差し金だな」
「証拠は? 」
「アイツらをとっ捕まえて、魔法で自白させようか? 」
「そんな事したら、国に捕まるよ? 王家が定めた法に背くからね」
「生憎だが、俺は既に背いてる。今更だ」


――くふふっ、ははっあっはははは!


ギルドマスターが、腹を抱えて笑い出す。

「何がおかしい」
「いやー、力も強いのに頭も回るのかと思って……」

それの、どこが可笑しいのだろうか。俺にはさっぱりわからないが、この男からすれば何かが面白いのだろう。

「それで、どうする? 」
「えぇ、何が? 僕の仕業だろうがなんだろうが、事実は事実。僕がひと声かければ全国のギルドは君を拒絶する」
「くっ……」

卑怯だ。
確かに、あの男達に手を出したのはこちらだ。その''事実''だけを全国に広められては、冒険者としての活動はほぼ不可能だろう。

つまり、今回はこちらが手を出した時点で全て負けという事だ。

俺は、大きくため息をついた。

「今回は、こちらの負けのようです。そんな事をされては生活できませんからね」

この世界の事を知らない俺達では、力に頼った稼ぎ方しかないのは明白。

「そうか、引き受けてくれるのかぁ! 」

よろしくねと差し出された手を、俺は渋々握り返した。

なんか、すごく不服である。

「クラス転移で俺は神になる〜異世界チートハーレム無双〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く