自宅にダンジョンが出来た。(WEB版)

なつめ猫

小料理屋の女将(1)




「あの……、ここは……」

 まったく身に覚えのない場所。
 むしろ女性らしい女性っぽい部屋に、少し気後れをしながら言葉を選びながら口にする。

「ここは、私の家です」
「いえ、そうではなくて――」

 彼女の家だというのは薄々と分かっていた。
 そうじゃなくて――、俺は、どうして此処にいるのか? という質問だったわけなのだが――。
 
「お客さんが酔いつぶれてしまった時に、何とかしようと思ってのですけど……、滞在されているホテルも旅館の名前も分からなかったので……」
「それなら、外に放り出しておいてくれれば問題なかったですよ」

 どうせ常人のステータスを遥かに上回っているのだ。
 真冬の寒空の中に捨て置いてくれても死にはしないだろう。

「そんな事できません。今日の朝の氷点下はマイナス3度ですよ? 真冬ですよ? 死んじゃいますよ?」
「たしかに……」

 常識的に考えればそうなるよな。

「それなら警察でも良かったのでは?」
「警察の方は、ダンジョンの方で問題が起きたらしくて、連絡が付かなかったので――、それで仕方なく私の家に……」
「そうだったんですか。申し訳ない」

 礼を尽くしてくれたのなら、こちらも礼儀を尽くすのが社会人としての務め。
 頭を下げる時にはキチンと頭を下げる。

「いえいえ、目を覚まされたのならいいんです。お風呂とか、入られますか?」
「お気持ちだけ頂いておきます」

 流石に、そこまで面倒を見てもらう訳にはいかない。
 俺はベッドから出て服装を確認する。
 とくに何かされたという様子はない。

「本当にご迷惑をおかけしました。男一人を運ぶだけでも、かなり大変だったのでは?」

 女性は、亜麻色の髪を手で触りながらはにかむ様に笑顔を向けてくる。
 苦笑ではない所がポイントは高いが――、その様子から大変だったというのは安易に察することが出来た。

「あ、あの!」
「どうかしましたか?」
「朝食は食べて行かれませんか?」
「それは……」
「もう用意してありますので」

 どうして見ず知らずの男に対して、そこまで気をかけるのか分からないが――。

「ご迷惑になるので」
「二人分作ってしまったので、良ければ……」

 尻すぼみになっている声量と、捨て犬のような表情を見て俺は内心、溜息をつく。
 そう言われてしまったら、さすがに断ることは出来ない。
 そもそも、こっちは一方的に迷惑を掛けてしまった側なのだから、邪険にもできないのだ。

「では朝食を頂いても?」
「はいっ!」

 花の咲くような笑顔を見せてくる女性に、どこか佐々木達とは違う感覚を覚える。
 何というか……、言葉に言い表せない――、ただ何となくだが――、どこか似ているような……。




「自宅にダンジョンが出来た。(WEB版)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く