話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

最底辺のおっさん冒険者。ギルドを追放されるところで今までの努力が報われ、急に最強スキル《無条件勝利》を得る

魔法少女どま子

後ろのほうでゴブリン狩り

 王都サクセンドリア。南口。

 そこに魔獣の襲撃が集中しているようだった。


 屋台や商店などが集まっているため、普段は大変な賑わい見せている場所だ。風船を持った子どもが走りあったり、うら若いカップルが手を繋いでいたり、殺意――ではなく、微笑みが浮かんでくるような光景が見られる。


 だが、現在に至っては悲惨なものだった。

 まず、屋台はもう使い物にならない。戦いに巻き込まれ、無惨にぐしゃぐしゃになっている。建物はまだ無事だが、それでも窓が半壊していたり、ヒビが入っていたりと、明らかな損害が見て取れる。


 住民の姿はない。おそらく、各おのおので屋内に避難しているのだろう。達人になれば《気配》とやらで生き物の位置を探れるようだが、当然、ルイスもアリシアもそんなことはできない。


 そして。

 南口の中央通路では、現在、人間と魔獣が必死の攻防を続けていた。武器のぶつかり合う金属音と、男の野生の声がひっきりなしに聞こえる。


 最前線は、南口の門から数メートル入ってきたところらしい。恐ろしいことに劣勢なのか、少しずつ押されつつあるようだ。


「うっ……」


 ところどころで転がっている人間の死体を見て、アリシアが青い顔をする。ルイスはそんな彼女の目を覆ってみせた。


「わかったか。これが戦争だ」


「……し、知ってます。ししし知ってて来たんでしゅ」


「そうかい」


 明らかに噛みっ噛みなのは聞かなかったことにしておこう。ルイスとて、若い頃は呼ばれもしない戦争に出向いたことがある。本当は弱っちいのに、そんな自分を認めたくなかったのだ。


「おお、増援か! 助かった!」


 ふいに走り寄ってくる者がいた。

 銀色の甲冑。正規軍の兵士だ。


「負傷者が多数出ている! 悪いが最前線で……って、ん?」


 兵士は、銀色の兜越しで、まじまじとルイスとアリシアの顔を見比べた。


「もしかしなくても……《不動のE》か?」


 その二つ名に、ルイスは思わず乾いた笑いを発してしまう。

 不動のE。まさにルイスのことだ。

 ギルドに就任してから四十歳に至るまで、一度も昇格することなく底辺を生きる者。


 ちなみに、実力が認められさえすれば、Dランクには数日で上がることができる。EからDへの昇級はたいした壁でもないのに、それすらできない落ちこぼれ――そんな軽蔑を込めた別称である。


 かなり不名誉な名前だが、しかし、もう言われ慣れてきた。いまさら取り乱すことはない。


 ルイスは真顔で答えた。


「そうだ。俺たちにも手伝えることはないか」


「んー、不動のEなんかに頼むことなんてなあ……」

 兵士は明らかに年下だが、それでもルイスは動じない。

「じゃ、後ろのほうで殺し損ねたゴブリンでも始末してくれないかね。いまは猫の手も借りたいんだ」


「ああ。そりゃあいいんだが……」

 ルイスはそこで顔をしかめる。

「なんでこんなに苦戦してるんだよ。敵の規模がどんなもんか知らねぇが、それにしても押されすぎじゃねえか」


 腐ってもここは王都だ。

 王を守るために、凄腕の剣士や魔術師が常駐しているはずなのに。


「上位者は重要任務で王都にいないんだよ。それくらい察してくれ」


「いないって……全員がか?」


「そうだっつーの。俺ゃもう忙しいんだ。頼むから迷惑かけない程度に戦ってくれよ」


「あ、ああ……。そりゃすまんかったな」


 どこか不自然さを感じたが、兵士たちにはそれを考える余裕もないらしい。それだけ追いつめられているということだ。


 ――ま、いいか。わかったところで俺たちにはどうしようもできない。


 兵士は無駄足だったとばかりに嫌な顔を向けてくると、ため息をついて戦線に戻っていった。


「な、なあにあいつ!」

 アリシアが憤懣やるかたないといった様子で地団駄を踏む。

「自分だってそんなに強くないくせに! うんこ! 鼻くそ!」


「……若い女がそんな汚ねえ言葉使うなよ」


 見た目はイケてるのに中身がこれである。


「ルイスさんだって悔しくないの!? あんなに言われちゃってさ」


「悔しい……か。そうだな」


 そんな感情は、もうどこかに置いてきてしまった。

 マイナス思考は忘れてしまうに限る。

 考えても辛いだけだから。現実なんて、忘れたほうが幸せだから。


 黙り込むルイスに、アリシアはちょっと慌てたようすでフォローをいれてきた。


「大丈夫だよルイスさん。ルイスさんをうんこと思ったことはないから」


「はっ。あんがとよ」

 ルイスは腰にかけている鞘さやから太刀を引き抜くと、戦線に目を戻した。

「気を取り直してゴブリン狩りといこうや。華のある仕事じゃねえが、それでも大事な任務だぜ」


「了解しました!」


 アリシアは表情を引き締めると、獲物――杖を構え、戦線から数歩離れた。




「最底辺のおっさん冒険者。ギルドを追放されるところで今までの努力が報われ、急に最強スキル《無条件勝利》を得る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く