地の底から這い上がる

海月結城

眠るもの2

「ここは?」
「フフフ、やっと来たわね」
「誰だ!」

 後ろから声が聞こえた。そっちを振り向くと、そこには角が生え、黒い羽根を生やした、悪魔がいた。

「私はあなた。あなたは私」
「どういうことだ?」

 俺の問いには目もくれず、悪魔は手のひらに真っ黒な光を集めだした。

「覚醒しなさい」

 その光が俺を包む瞬間。それは現れた。

「待ちなさい!」

 その声が聞こえる方を見ると、輪を頭の上に浮かべ、純白の羽根を生やした、天使がいた。

「ちょっと邪魔しないでくれる」
「それは、私のセリフです!」
「えっと、あなたたちは?」
「いづれ分かるは」
「ったく、しょうがねえな」
「力は、一緒にあげるって約束でしょ!」
「ふ、悪魔に約束を持ちかけても意味ないぞ。ま、バレたんならしょうがない。やるぞ」
「ええ」

 二人は、手のひらに光を集めた。悪魔は黒い光を、天使は白い光を集め、俺に向かって放ってきた。

「「待ってるぞ。主様」」

 そして俺は戻ってきた。

「ん、んん」

 起き上がり回りを見るとそこには何も存在していなかった。さっきまでいた場所は、超巨大なクレーターと化していた。

「一体何があった?」

 その時、俺の中で何かが渦巻いていることに気づいた。

「この力は、一体」

 その時、遠くから俺の名前を呼ぶ声が聞こえた。

「ご主人様!」
『お主、おるか〜』
「居るぞ」

 呼びかけに応えると、ルガーノとにゃぽが、走り寄ってきた。

「無事ですか! ご主人様!」
「おう。大丈夫だ」
『無事でよかったぞ。それよりも、さっきのはなんだ?』
「ん? さっきのってなんだ?」
「……あんなに暴れてたら、記憶も曖昧になるのは仕方ないですね。さっきあったことを話しますね」

 にゃぽと、ルガーノの話によると、俺が、このクレーターを作った犯人のようだ。巨大なクレーターの中心が、村の地下だった場所で、今はない村も俺が消してしまったようだ。

「ご主人様の魔力が暴走した時、この世の力とは別物の力がご主人様から感じました」
『それなら、我も感じたぞ』
「それが、次第に大きくなって、このあたりを黒と白の光が包まれました。ご主人様を中心に地面が平らになって行き、その光が天井に着いた時天井が消えて行きました。私とルガーノはそれに気づいて、ミイナを助け出しました。それからは、逃げに逃げ、光が収まった時ご主人様を探しに来たんです。ついでに、キャスはその光に包まれた時、一瞬で消えてしまいました。多分死んでしまったんだと思います」
「そうか。ありがとうな、ミイナを助けてくれて。ありがとうな、俺を見捨てないでくれて」

 そう言って、俺は2人を抱きしめた。

『我も、人の姿で抱きしめられたいんだが』
「そうだな。「人化」」

 ルガーノは美少女に早変わりし、再び抱きしめた。そんなことを長い時間続けていたら、人がやって来た。

「一体ここで何があった」

 そう言って来たのは、1人の冒険者だった。

「お前、そんなところで何をしている」
「え、いや、別に」
「ここには、村があったはずだが? もしかして、お前が村を消したのか? ん、お前には見覚えがあるぞ。確か、キャスが魔族であることを見抜いたやつか? なぜ、こんなことした!」
「……」
「答えないか。まぁ、いい。ギルドに報告するだけだ」

 そう言って、俺は数日後、全世界のお尋ね者になってしまった。

「地の底から這い上がる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く