地の底から這い上がる

海月結城

ポンコツ

久しぶりの登場!


「お兄ちゃん。次はどこを目指すの?」
「そうだな。にゃぽと会いたいな」
『我も、それがいいと思うぞ。にゃぽとやらも、お主に会いたがっているだろう』
「そう、だといいな」

 それから俺たちは、にゃぽと別れることになったあの街に向かった。

「お兄ちゃん、にゃぽちゃんは何者?」
「ん? あぁ、そうか、ミイナ達は会ったことないから分からないか。にゃぽは猫の魔獣でな、モフモフしてて可愛いんだよな」
「え、そうなの ︎ 私もモフりたい!」
「楽しみだな」

 その頃にゃぽは、シャルル王国の中で暮らしていた。

「おーい、にゃぽちゃんご飯だよ」
「分かった。今行くぞ」

 にゃぽは二階から歩いて降りてきた。

「にゃぽちゃんの服装。可愛いわね」
「ありがとう、サリー。それよりも、早くご飯をお願い」
「うふふ、分かったわ」

 そう言って、パンとスープを机の上に並べた。にゃぽはそれをスプーンですくって食べた。

「うまい! やっぱり、サリーのご飯は美味しいぞ」

 スープだけを堪能したにゃぽは、パンを一口サイズにちぎりスープにつけて食べていた。

「そうだ、にゃぽは明日何してるの?」
「明日はダンジョンに潜るつもりだぞ」
「それなら、おつかいを頼んでいい?」
「いいわよ」
「ダンジョン内に存在してる、発光石を取ってきてほしいの」
「確か、四十層下にしか存在してない石だったと思うけど、あってる?」
「えぇ、その通りよ」
「いいわ、任せなさい。あのダンジョンはもう私の庭よ」
「安心して待てるわ」

 次の日、にゃぽはダンジョンに来ていた。

「今日は、何層から行こうかな?」

 にゃぽがダンジョンの入り口で考えていた。そのため、にゃぽに注がれる視線に気づかなった。

「よし、三十層から行こうかな」

 にゃぽはダンジョンの中に入っていった。

「な、なぁ、今あいつ三十層って言わなかったか?」
「俺もそう聞こえたぞ」
「もしかして、今噂になってるのってあいつじゃないか?」
「ギルドに入ってなくて、ダンジョンをものすごい速さで攻略してるやつがいるって噂か?」
「まさか、あんな可愛い子が? 聞き間違えじゃないのか?」
「まぁ、そうか。聞き間違えだよな。さ、俺たちも行こうぜ」

 男たちは、ダンジョンの中に入っていった。

「次の層で、四十階層か。サリーのおつかいは確か発光石だよね。早めに見つけて魔物狩って帰ろうかな」

 にゃぽは、発光石を探すために歩き出した。

「発光石って水中にあるはずだから、四十三層の休憩所にあると思うんだよね」

 にゃぽは、拳に魔力を纏って走り出した。魔物とすれ違う度に、拳を振り、打撃を飛ばして魔物を倒す。ドロップが出た瞬間に収納袋に入れどんどんスピードを上げていく。

「着いた。ここの水中に……あ、あった! よし、ん?」

 そこでにゃぽは大事なことに気がついた。

「私、泳げないけど、どうしよう」

 にゃぽは、泳げないのだ。さて、どうやって水中の発光石を取ろうか、考えていた。この階層に来るパーティはシャルル王国にはいない、そのため、誰かに助けを求める事も出来ないのだ。

「この周りにある物でどうにか出来ないかな?」

 にゃぽは周りを見渡す。周りにあるのはなんかの木が一本。後は雑草が生い茂っている。それだけだった。

「木の枝を少し取って、長い雑草は……お、あった」

 木の枝と雑草を何本か束ねたものを使って、釣竿のようなものを作った。

「これで取れるかな?」

 にゃぽは、それを池に垂らした。だが、そう簡単に行くはずもなく、雑草が浮いて来た。

「お守りをつけないといけないか」

 雑草の先端に石を括り付けた。そして、池に垂らす。が、

「これで、どうやって石を採掘するんだ?」

 そう言って、にゃぽは膝から崩れ落ちた。

「地の底から這い上がる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く