地の底から這い上がる

海月結城

温泉

少し遅くなってしまった。


「え? お客さん?」

 それが彼女の第一声目だった。

「はい、そうですけど。ここって宿屋ですよね?」
「え、あ、あぁ、そう言えばそうでしたね。ずいぶん昔のことなので忘れてました」
「ずいぶん昔ですか。そうですよね、こんな裏路地の宿屋なんて誰も気づかないですよね。はっは」
「その言い方ムカつきますね」
「すみません。なんとなく弄ってみたくて」
「はいはい、そうですか。で、泊まりますか?」
「あ、猫も一緒ですけど、大丈夫ですか?」
「ふーん」

 その人は、にゃぽをじっと見つめた。

「いい人を見つけたわね。OKよ。じゃ、お代は一人分ね。えっと、銅貨四枚よ」

 俺は、銀貨一枚を渡した。

「はい、お釣りの銅貨六枚よ。お風呂と、朝ごはんと夕ごはんは、無料だからね」
「本当ですか!? よっしゃ」
「はい、これ鍵ね。部屋は二階の階段上がった突き当たりよ」
「分かりました。あ、俺の名前は菜津芽です。こっちの猫はにゃぽです」
「ニャー」
「ふふ、私はサリーよ。よろしくね、菜津芽ちゃん」
「ちゃん付けはやめて下さいよ」
「ダメよ、さっき私を弄った罰よ」
「そうですか。しょうがないですね、ちゃん付けを許します」
「なんで上から目線なのよ。初対面よ」
「すみません。それはそうと、この後夕ごはん食べたいんですけど、良いですか?」
「えぇ、あぁ、そうよね。私と一緒に食べて欲しいんだけど、良いかしら?」
「え、はい。大丈夫です」

 俺たちは二階にある部屋に荷物を置き夜ご飯を食べに来た。

「もう出来てるわよ」
「え!? 早すぎじゃないですか?」
「でしょう。早さが売りよ、この宿は」
「ってことは、味がダメなんですか?」
「さぁ、どうでしょう? ま、食べれば分かるわ」
「そうですね。頂きます」

 スプーンで一口スープをすくって飲んだ。

「……」
「え、何、不味かった?」

 俺が一口飲み固まっていると、サリーが不安そうに聞いてきた。

「あ、いえ、めちゃくちゃ美味しかったです」
「ほんと? 固まるから不味かったかと思っちゃったよ」
「美味しすぎて、味の余韻に浸ってました」
「そう、良かったわ。あ、これにゃぽちゃんのご飯よ」
「あ、ありがとうございます。ほら、にゃぽご飯だぞ」
「ニャー」
「菜津芽ちゃん」
「なんですか?」
「にゃぽちゃんさ、魔獣でしょ。ふつうにしてて良いわよ」
「な、何をイッテイルンデスカ」

 俺は、サリーさんの言葉に動揺が隠せなかった。

「ははは、しらばっくれなくて良いのに。私には隠せないよ」
「そうですか、にゃぽ、もう喋って良いよ」
「ご主人様、やっと喋れましたよ。喋れないって不便ですね」
「やっぱり、思った通りね」

 その後は、サリーさんからシャルル共和国の美味しいお店や、珍しい場所を聞いて明日行くところを決めた。

「サリーさん、美味しかったです。ご馳走様でした」
「そう、良かったわ」
「あ、お風呂は何処にありますか?」
「それなら、私の後ろにある通路を真っ直ぐに進んでいけばあるわよ」
「ありがとうございます」

 俺は、席を立ちにゃぽを連れてお風呂に向かった。

「おー、温泉だ!!」
「すごく綺麗な場所ですね。ご主人様!」
「そうだな、裏路地なのになんでだろうな?」
「ん〜、魔法の気配があるので、結界かなんかでしょうか?」
「やっぱり異世界だな」
「ささ、体を洗って温泉に入りましょう!」
「ん? にゃぽは温泉に入って大丈夫なのか?」
「大丈夫です。猫は猫でも、魔獣ですから水嫌いではないです」

 にゃぽの意外な事実が発覚した。そして、身体を洗い温泉に浸かった。

「あ〜、いい湯だな〜」
「そうですね〜、ご主人様」
「ほんと、異世界に来て色々あったからな」
「そうですね〜」
「前の世界では散々虐められて、この世界に召喚されて、いきなり追放されて、洞窟で寝てたらにゃぽに会って、ゴブリンに殺されかけて、血の海を見て、ほんと、散々だったな」
「大丈夫ですよ、今までこんな事があったなら、これからはきっと良い事が沢山、たっくさん! ありますよ!」
「そうだな、そうだったら、嬉しいな」

 そして、俺たちは久しぶりの温泉に、のぼせるまで浸かった。そして、次の日はサリーさんに教えてもらったお店にお昼ご飯を食べに来ていた。

「ここが、サリーさんが言ってた、安くて美味い麺が食べられる場所か」
「そうですね。では、にゃぽはそこら辺で待ってますね」
「え、にゃぽは来ないのか?」
「そこ、見てください」

 にゃぽが足で指した所には、動物禁止と書いてあった。

「何、じゃ辞めるか」
「え?」
「にゃぽと一緒に食えないなら意味ないよ。ほら、あそこにある出店で何か食べようぜ」
「ご主人様……はい!!」

 その後俺たちは、食べ歩きをしながら、シャルル共和国を全体までは無理だったが、暗くなるまで観光したのだった。

「今日は楽しかったな」
「そうですね。明日はどうしますか?」
「明日は、ギルドに行って簡単な依頼でも受けてみようと思うよ。にゃぽも来るか?」
「はい、もちろんです!」

 そして、俺たちは次の朝が来るのを眠りながら待った。だが、俺たちは気付いていなかった、菜津芽とにゃぽに黒い影が近づいていることに。


俺って、名前つけるセンス無いな。頑張らないと

「地の底から這い上がる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く