話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

この度魔法少女になりました

けんはる

未来視の正体と強欲な支配者

久しぶりルウだよ
今ヤバい少女と闘ってる
どうヤバいかと言うと出会い頭にいきなりレーザーをぶっぱなして
その後すぐに金属バットで殴りかかってきた
10秒後は決まっているテンカウント〉のおかげで何とか無事でいれている
〈10秒後は決まっている〉は僕の能力で名前の通りで10秒後の未来が見えるんだ
使えるのは1日に6回まで
それをもう2回も使ってしまっている
「何を考え事をしてるの?」
ジャンヌは金属バットを降り下ろすがルウはそれを避け、蹴りを繰り出すがジャンヌは後ろに飛び避けた
「いきなりか弱い少女に蹴りをいれようとするなんて、怖い人ですね」
「金属バットで殴りかかってくるやつがか弱い少女なんて言えるわけないだろ」
ジャンヌは首を軽く傾け
「そうですか?」
「そうだよ、いないよ普通」
「まぁそれは置いといて」
「置いといてもらっても、困るんだけどね」
「そうですか?まぁ小さいことですよ」
ジャンヌは金属バットを軽く握り直し
「行きますよ」
ジャンヌはルウの目の前から消えた
「どこに行ったの?」
〈10秒後は決まっている〉
「後ろか」
ルウは後ろに振り向いてジャンヌに蹴りをいれた
「くっ」
ジャンヌは壁に叩きつけられ床に倒れた
「危ない危ない」
ジャンヌは金属バットを杖のようにして立ち上がった
「痛いじゃないですか」
「すごいね、結構強く蹴ったつもりだったんだけど」
「これでも格闘の経験があるので」
「そうなんだ、じゃあ次はもうちょっと本気で行かせてもらうよ」
ルウはなにもないところから刀を取り出し、刃先をジャンヌに向けた
「ひ弱な少女に刀を向けるなんて非道な男ですね」
「蹴りを受けて普通にしている少女の事をひ弱な少女とは言わないよっ」
ルウはジャンヌに斬りかかった
「まぁそれもそうですねっ」
ジャンヌは金属バットで刀を受け止めた
「中々やりますね」
「褒めていただき、光栄です」
「棒読みで言われてもね」
「すみません、これが私なのでっ」
ジャンヌはルウを押し返し、距離をとった
「休憩しませんか?私疲れたので」
「その提案は魅力的だけどやめとくよ」
ルウはジャンヌの前から姿が消えた
「どこに?」
ジャンヌは周りを見回すがどこにもいない
「ここですよ」
ジャンヌが後ろを振り返るとルウが蹴りをいれてきた
ジャンヌは避けれず、吹っ飛び壁へと叩きつけられた
「グッ」
ジャンヌは倒れた
「今度はさっきより強めに蹴ったので簡単には立てませんよ」
ジャンヌは立ち上がろうとするがダメージがあり、中々立てなかった
ルウはそんなジャンヌに近付き
「恨みはないですが死んでください」
ルウはジャンヌに向かって刀を降り下ろした
(殺される)
ジャンヌは目を瞑った
(痛くない?)
ジャンヌが目を開けると当たる寸前で刀が止まっていた
「どういうこと?」
「ジャンヌ、今の内にそこから離れなさい」
「その声はルク?」
ジャンヌは入口いるルクを見た
「早くしなさい、そんなに長く続かないから」
「わかった」
ジャンヌは何とか立ち上がり、ルクの元へと向かった
ジャンヌがルクの元へ着くとルウが動いた
刀は地面に突き刺さった
「いきなり体が動かなくなったのは君のせいかな?小人ちゃん」
ルウはルクを見ながら聞いた
「えぇそうよ、それと私は小人じゃないわ、ホムンクルスよ」
「ホムンクルス?」
「そう、七つの大罪シリーズ〈強欲〉のホムンクルス、ルク様よ、そして、私の能力は〈支配欲〉」
ルクは一歩前に出て
「私はあらゆる物を人を支配する〈強欲な支配者〉ルク様よ」

「この度魔法少女になりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く