話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

この度魔法少女になりました

けんはる

第三警備隊

ジャンヌは立ち上がり大声で
「なんで私達がマフィアから奪還しないといけないの」
「落ち着きなさい、ジャンヌ、今から説明するから座って」
「わかった」
ジャンヌは椅子に座った
「さて、なぜ私達がこの任務をすることとなった理由
それはその時に警備を担当をしていたときの責任者が私の友達だったからよ」
「じゃあ、お姉ちゃんは友達を助けるためにこの任務を受けたの?」
マイはニコッと笑い
「いいえ、恩を売るために受けたのよ♪」
「えっなんて?」
「だから、恩を売るためよ」
「友達じゃないの?お姉ちゃん」
「えぇ友達よ、嫌いなね」
「えっ嫌い?」
「えぇあの女は私がちょっと実験で失敗しただけで」
マイは握り拳を作って立ち上がり
「バカだバカだと思っていたけど
こんな初歩的なことで間違うなんて
本当にバカだったのねって鼻で笑ってくるような頭でっかちで貧乳女なのよ」
マイはニコッと笑い
「だから、私は今回の事件を聞いて速攻であの女の上司の所に行って
今回の依頼を取ってきたの」
マイは嬉しそうに笑いながら
「あの女の屈辱な顔で私に頼んできた時は心から愉快だったわ、だから」
マイはジャンヌ達を見て
「絶対に成功させて、あの女に恩を売るのよ、わかった?」
「「「「はい」」」」
「わかればいいのよ」
マイは微笑みながら椅子に座った
「あの~マイさん」
海月はおそるおそる手を挙げた
「何かしら、海月?」
海月は手を下ろし
「成功させないといけないのはわかるけど私達だけで大丈夫?だってマフィアなんでしょ?」
「大丈夫よ、あの女から部下も借りてきたから」
「そうなんだ、なら安心」
「そうよ、丁度良いわ、出てきて良いわよ」
マイがそう言うと奥の扉が開き、軍服を着た黒髪の少女と金髪の筋肉質の男性が現れ、マイの横に立った
「この二人が今回力を貸してくれるわ、自己紹介してくれる?」
ロングヘアーの少女が後ろで手を組み
「はっ私は今回共に任務をする、魔法省警備科第三警備隊まほうしょうだいさんけいびたい、副隊長の白倉しらくら かえで、男だ」
楓に続き、短髪の男性が自己紹介をした
「同じく任務を一緒にする、魔法省警備科第三警備隊、隊員、サラン、女よ」
サランは鈴の音のような声だった
「逆じゃん」
海月は二人にツッコミをいれた
サランは頬に手を当てながら
「皆初めにそう言うのよね、どうしてかしら?ねっ楓」
「そうだな、どっからどう見ても私は男でサランは女なのに」
「どっからどう見ても逆だよ!」
海月は立ち上がりツッコミをいれた
「まぁそれはさておき、二人はちゃんと男と女よ、わかったら座りなさい」
「はーい」
海月は椅子に座った
「それじゃあ、二人共座って」
「了解した」
「わかったわ」
「ちょっと待った~!!」
どこからか少女の声が聞こえた
皆が周りを見回していると
「ちょっと、楓!早く出しなさい」
「あぁごめん、ごめん」
楓は胸ポケットから何かをつまみ出して、机の上に置いた
「ちょっと楓、摘まむんじゃないわよ」
10cm位の大きさの少女が楓に向かって怒っていた
「ごめん、ごめん」
マイは少女を指差し
「これは?」
「これじゃないわよ、人に指を指すなって習わなかったの?
バカなの?私はあなたが嫌いな女が造り出したホムンクルス」
少女はマイを指差し
「〈七つの大罪〉シリーズ、強欲のホムンクルス・ルクよ!そのバカな頭によく刻んでおくことね、バカ女」

「この度魔法少女になりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く