話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

この度魔法少女になりました

けんはる

三三七拍子

「聞いてない、そんな話」
「そりゃ話してないからに決まってるでしょ、早く着替えて時間がないから」
「えっ」
「ほら、早く」
「わかった」
夢はベッドから降り、パジャマを脱ごうとすると茉伊夢かジッとこちらを見ていた
「なに?お姉ちゃん」
夢の胸を見て
「いやぁ、成長してないなと思って」
夢は無言で茉伊夢に近づき、お腹をおもいっきし殴った
「ぐっ」
茉伊夢は膝から崩れ落ちた
「馬鹿なこと言ってないで、朝御飯の準備したら」
茉伊夢は右手の親指を立て
「もう終わってるよ」
「そう」
着替え終わった夢は茉伊夢の横を通り
部屋を出た
「ちょっと待ってよ、夢」
茉伊夢は起き上がり後を追いかけた
「それでお姉ちゃん」
夢はトーストを食べながら
「なに?夢」
「転入ってどういうこと?」
「そのままの意味だよ、特殊・魔法科に転入するの」
「でも、今通ってるクラスはどうするの?いきなり転入っておかしいじゃない」
「あぁそれなら大丈夫よ、幻覚魔法を使って夢が登校してるように見せるから」
「でもっ」
「この話はおしまい、もう決まったことだから」
茉伊夢はそういうと汚れた食器を洗い場に持っていった
「早く食べてね、行くから」
夢は急いで食べ、食器を洗い場に持っていった
「行くってまだ学校開いてないよ」
夢が時計を見るとまだ6時半だった
「大丈夫、付いてきて」
茉伊夢はリビングを出て二階へと向かった
「ちょっと待ってよ、お姉ちゃん」
夢は鞄を持って追いかけた
「着いたわよ」
「ここってお姉ちゃんのコレクション部屋だよね」
「そうだけど、違うんだよね」
そういうと茉伊夢は三三七拍子のリズムでノックをし扉を開けると
「なんで?」
中は特殊・魔法科だった
「さぁ行くよ」
茉伊夢は中に入った
夢も続いてはいると扉が消えた
「あっ扉が」
「繋がったままだったら、色々めんどいからね」
「そうなの、そういえば靴」
夢が足元を見ると靴を履いていた
「なんで?」
「まぁそういう魔法が掛かってるのよあの扉には、あと三三七拍子のリズムでノックをしたらこっちと繋がるから覚えといてね」
茉伊夢はそう言いながら先に進んでいた
「ちょっと待ってよ、お姉ちゃん」
夢は追いかけた
-完全少女隊ルームー
「明日からはここに一人で来てね」
「わかった」
「じゃあ、ちょっと待っててね」
茉伊夢はそういうと部屋を出た
「えっちょっと」
夢はすることがないので椅子に座った
-10分後-
「お待たせ」
茉伊夢が誰かを連れて入ってきた
「遅い、お姉ちゃんって」
夢が入ってきた人物を見て
「えっなんで」
驚いた

「この度魔法少女になりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く