愛される王女の物語

ててて


亡くなった…?

つまり、私は今の今まで死んだものだと思われていたと…?

あまりの衝撃的な言葉に思考が停止してしまう。

「…くそ」

レオン様は両手で顔を覆い、イラつきを隠せないようだが、それは今は目に入らない。

ということは…?私は今まで存在が知られていなかったと?

だから、私用のドレスが1着もなかったの?
だから、私のご飯がなかったの?
だから、私には家庭教師がいなかったの?
だから、私はあの人たちにあれだけ虐められ続けてきたの?

だから…1度も会いに来てくれなかったの?


辛いと思っても、自分の気持ちを正直に受け止めずやり過ごしてきた。
もしかしたら、王宮に住んでるお父様とお義兄様が助けてくれるかもしれないと。そんな淡い期待を心にとどめ、私は我慢してきた。

どんな罵倒をされようと。どんな痛みを与えられようと。どんなことをさせられても。

だが、来てくれなかった。1度も。
私はお父様たちにも嫌われているんだと、そんな期待をするのをやめようと思ったのはもはや数年前。


来てくれるわけがないじゃない。
だって、私があそこに、後宮に住んでいたことも知らないのだから。
12年だ。私は12年もあそこにいたのに。
敷地内からは出たことも無い。新しい使用人以外にはあったことも無い。

まったく、馬鹿じゃないか。

湧き出る怒りとどこかで感じる心労感が涙として目から溢れ出た。それは止まることを知らず、今までの嘘泣きなど非にもならない程こぼれ落ちてくる。

声を押し殺し、ぐちゃぐちゃになる脳内を全て投げ出すように泣いた。

レオン様はそれを酷く申し訳なさそうに見て、私を抱き寄せた。
ぎゅっと抱きしめる体の体温が冷たく感じて、そのしっかりした男性らしい体の感触は今までに感じたことがなかった。


それを気に私の涙はより一層流れ出る。
レオン様は時折、「ごめん…ごめんね」と頭を撫でながらもずっと慰め続けてくれた。


レオン様の体の感触になれた頃には、両目は赤く腫れて閉じてしまい、安らかな寝息だけがその部屋に残った。




*レオン視点


先程まで泣いていた彼女は、静かに眠ってしまった。体の傷に触れないように、ソファに横たわせ、マーサに指示をした。

マーサを待っている間にお父様が戻ってくる。


「父上……」

お父様はそっとシルフィオーネの顔を見るとご自分の机に戻った。

「確かに、所々ソフィアに似ているな。」

「父上にも似ていますよ。目の色なんてそのままではないですか。」

そうして、沈黙が流れる。

考えているのだ。あの後宮にいる毒婦とその娘をどうするのか。

「父上…そろそろ頃合ではないのですか?
……私は、もう我慢の限界なのですが。

国王陛下を欺くなんて不敬罪では済まされません。それに…シルフィオーネが……」


「…あぁ。そろそろ潮時だな。」


そうして、私は固く頷く。

お父様は私の瞳を見つめたあと、無意識のようにシルフィオーネを見つめていた。

それは焦燥と反省が滲んでいて、私自身にもひどい罪悪感がのしかかった。





「失礼します。」
  
ノックとともにマーサとこの王宮の王宮医師が入ってくる。

「失礼を承知で、先に診させて頂きます。」

口早にそういうと王宮医師はシルフィオーネを抱き、奥の部屋へと駆けて行った。

「…やはり、体調を崩していたのか」

「はい。先程気づいたのですが、彼女は異様に体温が高いのです。体の傷も心配ですし、勝手に指示しました。」

「あぁ。」

そうして、父上は執政に戻った。

ついでに説明をしておくと、何故父上は部屋を出ていったのか。
それは、ご自分の名前を知らないシルフィオーネに怒った訳では決してない。
あの時、シルフィオーネは酷く父上を怖がっていた。
後宮には男なんて居ないし、慣れていなかったんだろう。
それを感じた父上は部屋を出た。シルフィオーネを怖がらせないために。
しかも、部屋を出た後部下達に後宮の事を調べてくるように指示を出した。メイド達に新しい部屋を作るようにいい、料理長に美味しい料理を作るように伝えたらしい。


そして、今、この王宮の誰もが父上を見て思うことがある。



これほどまでに怒りを露わにする国王陛下、アルベルト・クラン・カスティリアを見たことがあるかと。


    



 





「愛される王女の物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く