愛される王女の物語

ててて

ありえない


「父上…?」

隣でレオン様が首を傾げる。
怒らせてしまったのだろうか…
自分の…しかも国王陛下の名前を言えないなんてもしかしなくとも不敬罪…?

震える両手を擦りながらも、少し息を吐く。
すると、レオン様が心配そうに眉を下げ、私の背中を優しくさすって下さった。

だが、不意にその大きな手は私の背中の傷に触れてしまう。

「…っんぅ」

少し痛みが走り声が出てしまった。その小さな声を聞き取ったレオン様は手を止め、
こちらを見やる。

「…ねぇ、シルフィオーネ。背中に何かあるの?」

その声は先程までの優しい声とは違い、真剣に問いていた。

そんな声に、戸惑ってしまう。しどろもどろと目を泳がせて、思わずレオン様に背中を背けた。

「……マーサ」

その瞬間にレオン様はマーサを呼んでしまう。さっと出てきたマーサはなんとも言えない顔をしており、私の目を見つめていた。

もちろん、マーサは見てしまったのだ。
私の体にある無数の傷を。この青いドレスを着せてくれる時に。酷く目を歪ませ涙耐えていた。そんな彼女に、これは秘密なのよ。と言って口止めさせたのがつい数分前。

「シルフィオーネの背中になにか・・・あったかい?」

「……シルフィオーネ様の体には無数のキズがあり…打ち身や変色した痣…背中にも鞭で打たれたようなキズや擦り傷が……っっ」

説明をしながらも目に皺を寄せ、今にも泣いしまいそうなマーサ。その原因は私なのだ。

それを聞いたレオン様はこめかみを抑え、下にふいてしまった

私はすっと立ち上がり、マーサに駆け寄る。
ついに零れてしまった涙を優しく拭き取った。

私のためなんかに泣いてくれるのね。

「ごめ、んね」

嫌なもの見せちゃって。記憶に残っちゃうでしょう?

そう思いながらも次々と零れてくるマーサの涙を拭く。

「いえ、いえっ!シルフィオーネ様。私こそ申し訳ございません!」

何故か謝られてしまった。疑問に思っていると後ろからため息が聞こえる。

「マーサ、今のことを父上に報告してきてくれ。そして、シルフィオーネはこちらにおいで」

マーサはすっと後ろに下がり部屋を出ていった。私は言われたとおり、元の席に座る。

「……君は今までずっと後宮に居たのかい?」

「はい、そう…だと思います。」

「辛かっただろうに…ごめんね。私達は君の…シルフィオーネの存在を知らなかったんだ。本当にごめんね」

知らなかったとは…?
眉を下げ後悔を握ませるその瞳は私の体を見ていた。

「私が君の継兄だと言うことはわかるね?」

あぁ、はい。そうだとは思っていました。
こくりと頷いてみせる。

「私達はあの日…シルフィオーネが生まれた日に後宮に行ったんだ。だが、シルフィオーネのお母様…ソフィア様の様子がおかしくてね。生死に関わるって言うからソフィア様に付きっきりだったんだ。
でも、あの人は…亡くなってしまって。

君の事はあとから無事に生まれていたと聞いたんだ。そして、後日見に行くとなった日にね…」

彼はこめかみに皺を寄せ、何かを忌々しく見ているようだった。

「君が亡くなったと聞いたんだ。」









「愛される王女の物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く