愛される王女の物語

ててて

陛下


「……なんだレオン」

「陛下…いえ、父上。今やっている執政よりも大切なお話です。」

テノールボイスの男性は眉を動かし手にしていた紙を机の上に置いた。そしてこちらに視線をやる。

「……誰だ?」

男性は私を視野に入れると静かに問いてくる。そして、隣のお兄さんが何かに気づき私の手を離してしゃがみこむ。

「あ、よかったら君のお名前を教えてくれるかい?」  

男性からの恐怖さえ感じてしまうような視線に耐えながら、メイドがよくやっているカーテシーを見様見真似でやってみる。

「私は、シルフィオ、ーネ・クラン・カス、ティリアと申し、ます。」

2人が息を飲んだ。

そして妙な沈黙の中、男性が口を開く。

「今いくつだ?」

「はい、先日で12歳にな、りました。」

「…今までどこに住んでいた?」

「はい、後宮、にごさ、います。」

二人がお互いに険しい顔つきで話し合う。一体この方々は何者なのか……

そういえばっと思い出す。部屋に入った時、お兄さんはレオンとやばれていた。そして、男性はお父様と。

レオンって第一王子の名前と一緒だ。
よくある名前なのかな…ていうかここどこ。

お兄さんは私の顔に手を近づけた。
髪をすき、瞳を見つめてくる。

「…父上の瞳と同じ色ですね。」

「…」

「シルフィオーネ、か……。マーサ」

お兄さんに呼ばれたマーサという女性は私を連れて部屋から出た。
そのまま別室に連れていかれる。

「シ、シルフィオーネ様、王宮侍女のマーサでございます。よろしくお願いします」

「え、はい。よろし、くお願いし、ます?」

何をよろしくなのだろう。

すると、お風呂に連れていかれ服を脱がされる。そのまま体も頭も洗われ柔らかいタオルで拭いてもらう。バサバサの髪の毛を切りそろえ、着たこともないような高そうな青色のドレスを着せられた。

そうして、またさっきの部屋に連れてこられる。

「……かわいい」

部屋ではまだお兄さんと男性がお話をしていらっしゃった。私はマーサさんに案内されたソファに大人しく座る。

「こちら、喉に聞くお薬でごさいます。」

出された飲み物は今までに飲んだこともないほど甘く、飲みやすかった。すーっと喉に馴染む。

すると、隣にお兄さん。向かいに男性が座った。お兄さんが口を開く。

「シルフィオーネ。僕の名前はレオン・クラン・カスティリア。聞いたことある?」

メイドのミーナから聞いたことがある。
私にはもう1人、お母様の違う異母兄弟?がいて、その人はレオン・クラン・カスティリアという、17歳には思えないほどの美しい人だと。

やはりこの人が第1王子…ならばお父様であるこの方が国王陛下ということよね…

「メイドか、ら聞いたこ、とがございます。」

「メイドから…そう。では、この方のお名前はわかるかい?」

そう示されるのは、テーブルの向こうに座る男性。もとい国王陛下。目はシワがよって不機嫌をあらわにし、体の大きさがその迫力に拍車をかけている。

こちらを見る双方の青い眼差しがいかに鋭いことか。微かながらに震える両手を抱きしめ、ひたすらに考える。

だが、考えても考えてもわからない。
だって知らないのだから。

そうして、私が口を開く前に
その陛下は立ち上がって部屋を出ていかれた。










「愛される王女の物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く