愛される王女の物語

ててて

プロローグ


バタンっ

朦朧もした意識の中、必死に考えを巡らせる。

手足が動かず、目がよく見えない。

(なに…これ……)


息だけはしようと口を開け、体に響く心拍が徐々に上がるのを感じる。

「〜~っっっっ!!」

誰かが来てくれたみたい。
良かった………

そこで私の意識は途切れた。

「愛される王女の物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く