ホントウの勇者

さとう

BOSS BATTLE②/【銃神ヴォルフガング】VS【灰の特級魔術師シェラヘルツ】/武具・龍ノ理



 「行くぞッ!!」


 シェラは双剣を手に突進してきた
 武具のスキマを縫うように駆ける姿は美しく、少しだけ見惚れた


 「行けっ!!」
 「おわッ!?」


 シェラは俺の近くまで来ると、いきなり双剣を投擲した
 回転しながら迫る双剣を躱す。するとシェラは地面に刺さっていた根を蹴り飛ばし、周囲の武具を巻き込みながら迫って来た


 「踊れッ!!」


 まずは剣を握り乱舞、剣を投げ捨て根を振り回し浮かぶ剣を叩き俺にぶつける
 根を投げ捨て槍を掴み、さらに周囲の武器を巻き上げる
 槍を操り浮かぶ数本の剣を回転させ飛ばす
 槍を投げ捨て地面の大剣を握り、上空の剣に注意が向いてる瞬間になぎ払う


 恐るべき猛攻
 回避と防御で精一杯だった


 「どうしたジュート、守るだけかッ!!」
 「こ、の……ッ!!」


 上下左右から迫る武具に対応するので精一杯だ
 この【特級魔術】はオニキスと全く逆、全体を強化して無双するのではなく、個人の戦闘力を限界まで引き上げる
 単体で最強のシェラ、集団で最強のオニキス。まさにそんな感じだ


 「オォォォッ!!」


 シェラの猛攻は止まらない
 〔龍人族〕の身体能力は、俺の神器に匹敵する
 神器が全くハンデにならない、このままだと打ち負ける


 とにかく、距離を取らないと


 「バ、バインダーチェーンッ!!」
 「むッ!?」


 俺は地面からメチャクチャに鎖を出す
 竜巻のように鎖が巻き起こり、一瞬だが俺の姿を隠す
 俺はここで瞬間的に【魂融エンゲージ】を使う


 「砕け散れ、『暴風機関銃ヴァンフーン・アヴェンジャー』!!」


 【蜻蛉神化ソウルオブクライブグリューン】の、広範囲ガトリング掃射
 俺は〔決戦技弾フィニッシュアーツ・ストレージ〕を装填した


 「な……ッ!?」
 「悪いな」


 鎖のおかげで、一時的に周囲の武器がはじき飛ばされた
 俺は円を描くようにガトリング銃を発射した


 「ぶっ壊せ!! 【竜巻砲撃トルネード・ブラスター】!!」




 風を纏った螺旋のガトリング掃射が、周囲の武具を破壊した




───────────────


───────────


───────




 周囲の武具は全て砕け、一瞬の動揺を見せたシェラを蹴り飛ばした


 「ぐぅっ!?」
 「おぉぉっ!!」


 俺は通常の〔神化形態〕に戻り、体勢の崩れたシェラに猛追する
 今度は俺が攻める。ここで終わらせる


 「ぐ、ぐぬッ!!」
 「だぁぁぁぁッ!!」
 「がぁっ!?」


 俺はシェラの両腕を切りつけ、槍を地面に叩きおとす
 そのまま回し蹴りを鳩尾に喰らわせると、シェラは20メートルは吹き飛んだ
 遠慮のない1撃、これで終わりだ


 「ぐ……あ、ぅぅ……げぼっ!?」
 「終わりだ、シェラ」


 ボロボロのシェラは、両腕を垂らしながらも立ち上がる
 けっこう深く切りつけたので、もう槍は持てないはず
 それに鳩尾の1撃も無傷ではない。恐らく内臓が損傷してる


 「ま、だだ……アタシ、は……負けて、な……い」
 「終わりだよシェラ、お前はよくやったよ。ここまで手こずるとは思わなかった」
 「まだ、だ……ま……だ………」


 シェラはどんどん虚ろになっていく
 意識を失うのか、これが終わったらちゃんと治してやろう
 しかし、シェラの様子がおかしいことに気が付いた


 「………シェラ?」
 「……だ……アタシ……は……」


 ザワリとした
 一瞬だが、確かにシェラから何かを感じた




 「やめろシェラッ!! 落ち着くんだッ!!」




 シュンガイトさんが叫ぶ
 シェラはゆっくりと顔を上げる


 「な……これは」




 シェラの瞳は、金色に輝いていた




───────────────


───────────


───────




 「オ、オォォ……!!」


 シェラの身体が変化していく
 バキバキとあり得ない音を出し、全身が肥大していく
 服は弾け飛び、美しい純白の肌は黄金に、強靱な鱗へと変わる
 人間らしい骨格は消え、細長い蛇のようなデザインに変わる


 それはまるで、東洋の「龍」だった


 「な、なんだよこれ……!?」


 シュンガイトさんが叫んだ




 「〔龍ノ理リュウノコトワリ〕……!!」




───────────────


───────────


───────




 この光景は、当然ながらカグヤたちも見ていた


 「な、なんでや!? 〔龍ノ理〕は、ガウェズリドラ様の血がないと発動しないハズやろ!? それにウチらはまだ正式な眷属の洗礼を受けてない、ありえへん!!」


 その問いに、リュカロが苦しげに言う


 「ま、まさか……ジュートの影響じゃ……?」
 「ど、どういうこと?」
 「ジュートは〔神の器〕だ、【龍神】の力の一部を体内に持つ〔龍人族〕に、ジュートの中の【銃神】が反応を起こしたんだとしたら……」
 「で、でもウチはジュートと戦ったけど、何も起きへんかったで!?」
 「恐らく、命のやりとりの中で、【龍神】の力が覚醒したんじゃ……それに、あの姿は完全に覚醒してる。このままだとシェラの身体が持たないぞ!!」


 ミコもカグヤも絶句してる
 リュカロはガウェズリドラに跪き懇願した


 「ガウェズリドラ様、シェラを鎮める方法はございますか!!」


 ガウェズリドラは、重苦しく答えた


 『いや、あそこまで完全覚醒すると、元に戻るのは難しいかもしれん。本来の〔龍ノ理〕は、身体の一部を龍化し戦闘力を増大する技、あれは完全なるモンスターだ』


 カグヤたちは絶句した
 改めてシェラを見ようとして、気が付いた




 「シュンガイトさま……?」




───────────────


───────────


───────




 『オ、オ、オ……オォォォォンンン!!』


 それはまるで咆吼だった
 「龍」はまるで、真城真龍の神器に似ている


 「ど、どうすりゃいいんだ……?」
 「ジュート君!!」


 すると、俺の近くにシュンガイトさんが来た


 「シュンガイトさん、これは一体……?」
 「〔龍ノ理〕だ。ここまで完全に変化するなんて今までなかった。それにシェラは……いや、カグヤたちもだけど、ガウェズリドラ様の洗礼を受けてない。〔龍ノ理〕を発動させることは出来ないハズなんだ」
 「で、でも……」
 「マズいッ!!」


 シュンガイトさんの叫びに反応しシェラを見ると、口からバチバチと火花が散っているのが見えた
 俺とシュンガイトさんは同時に飛び退くと、シェラの口から雷の光線が放たれる


 「おわぁっ!?」
 「クソ、このままじゃ……」
 「どうすればいいんですか、元に戻す方法はッ!!」
 「………」


 シュンガイトさんは黙って俯く


 「ここまで変化すると、もう元には戻らない………終わらせるしか」
 「それって……」
 「オレたち〔龍人族〕は、【龍神ドラゴディルア】の力が流れてる。その一部を開放するのが〔龍ノ理〕だ。その力は諸刃の剣で、力を解放すればするほど理性を失っていく。オレでさえ50パーセントほどの解放で、命を失いかけた」
 「じゃ、じゃあ……」




 「シェラを止めるには……殺すしかない」




 シュンガイトさんは、震えていた




───────────────


───────────


───────




 「そ、そんなのダメですよっ!!」
 「もう手はない、これしかないんだ……」
 「でも、そんなの……」
 「せめて、兄であるオレが終わらせる。すまないジュート君、シェラの最後の相手として、キミはまさに最強の存在だった」


 シュンガイトさんは悲しそうに笑い、腰の剣に手を伸ばした


 「ふざけんなッ!! 兄が妹を殺すのかよッ!!」
 「もう手はないッ!! このままだとシェラは町に降りて破壊を行う、この国の人達を守るのが〔剣龍〕であるオレの役目だ。シェラも分かってくれる!!」
 「この野郎……ッ!!」


 俺はシュンガイトさんをぶん殴ろうと拳を握る
 すると、「龍」の鳴き声が聞こえた


 『オ、オォォ……シュ、ニィ……ジュ、ト……』


 「龍」は、黄金の瞳から透明な雫を零していた


 「しぇ、ら……」


 カラン、と、シュンガイトさんは剣を落とす
 シュンガイトさんの心が、完全に砕けた瞬間だった


 「お……オレには、ムリだ……」


 当たり前だ、そんなこと出来てたまるか
 考えろ、何か手はないか


 「クロ、シロ、見てんだろ!! 何か手はないか!?」


 すると足下にクロとシロが現れる


 《【龍神】の力……恐らく、〔龍人族〕は人間をベースに【龍神ドラゴディルア】が力を注ぎ込んで造られた種族だね。この8大陸の種族たちは、何らかの神が関わっている存在のはず》
 《要は【神】の力が悪影響を及ぼしてるのヨ、なら……》
 「………そ、そうか!!」


 俺は自分の「左腕」を見た


 《確証はないよ。ボクたちだってこんなの初めて見たしね》
 「でも、やってみる価値はある」
 《ま、アナタなら出来るワ。今までそうやってムチャしてきたじゃナイ?》
 「そうだな、お前たちの言う通りだよ」


 俺は濡羽色のマガジンを構え装填した


 「『第二神化セカンドエボル銃神覚醒ヴォルフガング・アウェイクン』」


 俺は空中で暴れるシェラに、左腕を伸ばす
 シェラはまるで抵抗してるように見え、掴むのは容易だった


 「な、何を……!?」
 「シュンガイトさん、シェラを救えるかも……いえ、救います」


 俺は左腕に力を込め、シェラの中に渦巻く「力」を吸い取った


 「喰らえ、『魂喰ソウルイーター』!!」


 ジュワジュワと何かが流れていく感触が広がる
 気持ち悪く、生ぬるい何かが俺の中に入ってくる


 「しぇ……シェラッ!!」


 しだいにシェラの身体がしぼみ、もとの姿へ戻っていく
 俺の左手には、素っ裸のシェラが残った
 ついでに魔術で身体を治し、キレイにしてやる


 「シュンガイトさん、シェラは無事みたいです」 
 「あ、ああ……良かった、良かった……」


 気を失っていたが、呼吸はちゃんとしてる
 シュンガイトさんはシェラを抱きしめ、うっすらと涙を零していた


 元に戻ったのを見て、カグヤたちも来た
 ミコがシーツでシェラの身体を包み、カグヤとリュカロも安心してた
 ガウェズリドラが、俺の側に来て宣言した


 『この勝負、冒険者ジュートの勝利とする』
 「いや、それどころじゃなかっただろ……」
 『どんな形であれ、決着は必要だ。胸を張るがいい』
 「……はぁ」




 とりあえず、ひとまず勝負は終わりってコトで
 

「ホントウの勇者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く