ホントウの勇者

さとう

戯遊機塔メガラニカ・マグダーラ②/ステータス・ふざけんな

 
 たった数時間で、冒険者の数はあり得ないくらい増えた


 「いやいや、早すぎだろ!?」
 「う~ん、マフィが何かしたのかも……」


 勇者、という単語。伝説の武器、というお宝が冒険者たちの火を付けたのだろう。ゲートは順番待ちになり、俺と壊子は長い列に並んでいた
 しかし、大抵のグループはゲートに弾かれ、入ったグループも数十分で転移して戻ってくる


 「中はどうなってるんだ? けっこう強そうな冒険者たちなのに、すぐに戻ってくるとは……」
 「ふふふ、このダンジョンのコンセプトは【エンディング後の隠しダンジョン】だからね。生半可な強さじゃ攻略できないよ?」
 「ええ~……」


 おいおい、その理屈だと俺も攻略出来ないぞ。まだラスボスにも到達していない


 「うぉぉ~ッ!?」


 お、レクスが転移してきた。どうやらダメっぽいな
 けっこうボロボロになって戻ってきた。大丈夫か?


 「ちっくしょう!! あと1つ宝玉を見つければ、扉が開いてセーブ出来たのにッ!!」


 なんのこっちゃ。宝玉にセーブって?


 「なるほど、あの人は〔宝玉の間〕のダンジョンへ入ったんだ」
 「何それ?」
 「えっと、フロアに隠されてる4つの宝玉を集めると、先に進む扉が開かれるの。全ての階層に共通するんだけど、1回クリアした階層は次に進むときスキップ出来るの」
 「ほぉ、ここって何階層あるんだ?」
 「ここは200階層だよ。普通に進めば数百年以上は掛かるね」


 100年……気が長いな。俺にはムリだ


 「ちなみにダンジョンの階層は全てランダムに変わるよ、全部で1000種類の階層から選ばれるの」
 「せ、1000種類……すげぇ」


 俺は頭を抱える。すると、いよいよ俺と壊子の番がやって来た


 「よし、行くか」
 「うん」




 ゲートは俺たちを弾くことなく通過できた




───────────────


───────────


───────




 1階層は石造りのダンジョンだった


 「ここはレベルに合わせてモンスターが変化するの。常に自分のステータス値の2倍のモンスターが出てくるよ」
 「す、ステータス値って?」
 「ほら、手首を見て」
 「え……なんだこりゃ?」


 俺と壊子の手には、いつの間にか鉄の腕輪が装着されていた


 「これは〔ステータスリング〕だよ。このダンジョンにいる間は外せないけど、ダンジョンから出ると自動で身体の中に収納されるの。ゲートを潜った時に戦闘力を数値化してリングに記憶させて、モンスターを倒すごとに経験値が貯まってレベルが上がるの。階層に上がるためには一定レベルがないと上がれないから気を付けてね」


 なにそれRPG? レベルって……えっと?


 「ステータスは思い込むだけでチェックできるよ。ほら」




 すると壊子のリングから四角い透明なウィンドウが現れた。そこには壊子のステータスが表示されている




───────────────


───────────


───────




 【鉛田なまりだ 壊子かいこ】 機工士


 【レベル41】
 体力D 2250
 攻撃力E 268
 防御力D 158(+20)
 俊敏性E 122
 魔力B 26840
 属性 【紫】【青】【時】


 【装備】
 武器 なし
 防具 布の服+20
 アクセサリ なし


 【特殊】
 【機神アトレシャトーラ】
 1・『機の創手の孤独の欠片アルマキナ・ロンサム・フラグメント
 2・『機よ創り手よデウスエクスマキナ・孤独無き世界へロンリネスワルド




───────────────


───────────


───────




 「って、オイ!! 情報開示しすぎだろ!?」
 「大丈夫、どーせ誰にも見られないし」


 ええ~……これじゃまんまゲームじゃん。宿ってる神様まで表示されんのかよ


 「ほら、ジュートくんも」
 「えぇ……イヤな予感しかしない……」




 俺はおそるおそるウィンドウを表示した




───────────────


───────────


───────




 【無月むつき 銃斗じゅうと】 銃剣暗殺者ガンソードアサシン


 【レベル99】
  体力S 9750
  攻撃力S 4199(+3200)
  防御力S 1988(+999)
  俊敏性S 897
  魔力S ∞
  属性 【無】


 【装備】
  武器 【夫婦双剣ビャクイザナギ・シコクイザナミ】+3000
     〔マルチウェポン〕+100
     〔カティルブレード〕+100
  防具 【友情の約束プロメッサ・アミティーエ】+999
  アクセサリ なし


 【特殊】
  【銃神ヴォルフガング】
  1・『錬鉄の神銃アイゼン・ブラスター』 
    【雄大なる死と絆グロリアス・デッド・リアン
    【永遠の死の輝きエターナル・シャイニング・デッド
    【果たされし友情の約束リアライズ・プロメッサ・アミティーエ】 


  2・『冥錬鉄の無神銃エクセレーナ・アイゼン・ブラスター
    『魂喰いの左腕ソウルイーター・アルマイト
    【雄永死輝絆剣ウィンクルス・デッド・スパーダ
    【友情の約束・絶断プロメッサ・アミティーエ・アーディオン】 


  3・『錬鉄の神銃アイゼン・ブラスター凶狂宴マガツアルム』 
    『魂喰いの左腕ソウルイーター・アルマイト絶甲腕デスゲイズ
    【雄永死輝絆剣ウィンクルス・デッド・スパーダ
    【友情の約束・不滅の鎧プロメッサ・アミティーエ・カドゥケウス】 


 【九創世獣ナインス・ビスト
  【赤】アグニードラ・インフェルノ  
  【青】ルーチェミーア・アロロツェーレ 
  【黄】トレパモール・イエンシュー 
  【緑】クライブグリューン・リベルラ 
  【白】ティルミファエル・アルモニー 
  【黒】ナハトオルクス・セバスチャン
  【紫】インヘニュール・ニルーダ 
  【灰】シロフィーネンス・シラネリア 


 【九創世獣ナインス・ビスト魂融ソウルエンゲージ
  【焱龍神化ソウルオブアグニードラ】 焔炎放射機インフェルノ・スロアー
  【人魚神化ソウルオブルーチェミーア】 狙撃水漣銃ナルキッス・カラヴィーナ
  【土竜神化ソウルオブトレパモール】 炸裂地石砲ヴェルディ・グラナーデ
  【蜻蛉神化ソウルオブクライブグリューン】 暴風機関銃ヴァンフーン・アヴェンジャー
  【天使神化ソウルオブティルミファエル】 光輝攻城砲アウレオーレ・グリュンカノーネ
  【骸骨神化ソウルオブナハトオルクス】 黒玄散弾銃アスワド・シェル・ショット
  【機械神化ソウルオブインヘニュール】 紫電雷震砲トルトニス・レール・バスター
  【白犬神化ソウルオブシロフィーネンス】 灰犬弓矢砲アッシュレイズ・グリーボウ




 【神話魔術】
  【赤】【懺悔天使のコンフェクション・アーンギル永遠業炎・ゼオ・ウリエール
  【青】【青海天使のメディウーム・アーンギル水仙蓮華・イェソド・ガブリエラ
  【黄】【慈悲天使のフィラントロプ・アーンギル地示泥如・アイナ・ミハイール
  【緑】【零風天使のヴァンビエント・アーンギル旋風洗礼・テンペスター・ラファエル
  【白】【全知全能のサルベイション・アーンギル救済天使・ヘレナ・サリエール
  【黒】【漆黒夜天のナイトメア・アーンギル暗黒牢獄・ゼビア・サマエル
  【紫】【紫電雷光のヴァルファーレ・アーンギル天罰天使・ジオ・バービエル
  【灰】【鍛造天使のフォルジュロン・アーンギル鉄筋細工・ゼオ・メタトロン
  【時】【alkck/;;[occ-988y^]/




───────────────


───────────


───────




 「さて、帰ろうか」
 「ちょ、ま、待ってよぉ!?」


 俺は踵を返し、ダンジョンから脱出しようとしたが、壊子が腕をガッチリつかむ


 「ふざけんな!! なんだよこれ、おかしいだろ!?」
 「お、落ち着いて、ね?」


 落ち着けるか、なんだよこのステータス値は
 【夫婦双剣ビャクイザナギ・シコクイザナミ】ってなんだ? もしかして【雄大なる死グロリアス・デッド】と【死の輝きシャイニング・デッド】の正式名称か?
 それに情報開示しすぎだ。神話魔術だって【時】以外は全部表示されてるし
 この(+)はどうやら装備品の攻撃力みたいだけど、強すぎだろ。それを抜いても攻撃力999だし


 「ご、ごめんね。あとで修正……はできないから、偽装しておくから」
 「そうしてくれ。こんなの見られたら終わりだ……」
 「じゃ、じゃあ、気分を変えて行こっか!!」


 壊子がノリノリで進もうとするが、俺はなんとなく聞いてみた


 「なぁ、ここって、ステータス値2倍のモンスターが出てくるんだよな? このまま進んだらヤバいんじゃね?」




 「……あ」





「ホントウの勇者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く