ホントウの勇者

さとう

BOSS BATTLE④/【銃神ヴォルフガング】VS【龍神】・【水神】・【鋼神】・【蟲神】・【爆神】/爆神部隊・傷癒えぬ



 「よし、ここはもえっちに譲る!! 後は頼んだーっ!!」
 「あ、おい真城!!」


 真城は龍に乗るとそのまま上空に飛んでいった……逃げたのか?


 「無月ぃぃぃぃぃぃッ!!!」


 今はコッチが先か、ありゃかなりキレてやがる……まずは神器を破壊して大人しくさせるしかねぇな!!


 「いくぞクライブ!! 『暴風機関銃ヴァンフーン・アヴェンジャー』!!」


 ガトリングガンを構えて突っ込んでくるロボット部隊を見る……火等さんは上空で指示を出してる。メインは地上部隊…こちらは火等さんが最初に操っていたロボットに似てるが、足がキャタピラになって全身の鎧がゴツくなってる。武装は両腕のミサイルに肩に2門の砲塔が付いている
 空中部隊は飛行機の翼を装備して全体的にスマートな印象だ。こちらも両腕がミサイルになってる……スピード重視で武装が少ないのかも知れないな


 「とにかく壊せるだけ壊してやる!! ティエル、来い!!」
 《了解!!》


 戦闘に巻き込まれないように離れていたティエルが【流星黒天ミーティア・フィンスター】を駆り現れる……俺は後部に立ち上がり暴風機関銃ヴァンフーン・アヴェンジャーを構えた


 「とにかく攻撃を受けないように走り回ってくれ!! 後は俺が全部潰す!!」
 《オッケー……さぁ、飛ばすわよ!!》


 ティエルが魔力を流すと一気に加速する……敵陣に向かって走り出した


 「頼むぜティエル……食らいやがれぇぇッ!!!」


 俺は前から迫り来るロボットタンクに弾丸をバラまいた……が


 「うっそぉ!?」
 《は、弾かれたぁ!?》


 弾丸はギンギンと金属音を鳴らし全て弾かれた……なんて堅さだ、確実にパワーアップしてやがる!!


 「はっはぁぁぁッ!! そんなの効くかぁぁぁッ!! くらえ、【デイジーカッター】!!」


 地上部隊の砲塔が全てこちらを向く……ヤバすぎる!!


 「ティエル、逃げろぉぉっ!!」
 《分かってるわよッ!!》


 急旋回。部隊と反対方向に逃げる……すると地上を這うように大量の小型ミサイルが飛んできた


 「チッ…打ち落とす!!」


 俺は『錬鉄の神銃アイゼン・ブラスター』を連射して爆弾をたたき落とす……すると、爆発した爆弾の爆風が、地を這うように横に広がり俺とティエルを包み込んだ!!


 「あっちぃぃッ!! ティエルッ、無事か!?」
 《きゃあぁッ…な、なんとかね。何よあの爆弾!?》


 恐らく俺が打ち落とすことも計算に入れたんだろう。マズいぞ、もう何回も言ってるけど大ピンチだ!!


 《ジュート、クライブグリューンじゃなくてトレパモールの力であの赤いのを破壊出来ない?》
 「わからん。でも炸裂地石砲ヴェルディ・グラナーデの射程は20メートル……かなり近づかないと当たらない!!」


 しかも敵は地上だけじゃない。空中からもくる……来たし!?


 「ティエル、上だぁッ!!」
 《ちっくしょぉぉぉっ!!》


 飛行タイプの攻撃はミサイルと……直接攻撃だ!!


 「躱せ躱せぇっ!! よけまくれ!!」
 《やってるわよっ!!》


 飛行機のような翼が発光し、ブレードのようになって切りつけてくる!! しかもスピードは向こうが遙かに上……【神速流星黒天プリメラ・ミーティア・フィンスター】のスピードでも追いつかれる……だけどどれは、向こうが近づいてくるって事だ!!


 「【魂融ソウルエンゲージ】!! いくぞモル!!」


 俺は炸裂地石砲ヴェルディ・グラナーデを構え……接近してきた飛行タイプにカウンターで打ち込んだ。すると、飛行タイプは爆散して墜落した。よし…飛行タイプは破壊出来る!!


 「甘い…【ナパームストライク】」


 すると俺とティエルの上空にぴったりと何機かの飛行タイプが並走する……ものすごくイヤな予感


 「アレは……やべぇぞ!?」
 《ジュート、なんとかしなさーいっ!!」


 上空からポロポロと丸い爆弾が落ちてきた……やるしかねぇ!!


 「【青】の上級魔術【爆発水球スプレッド・ボンバー】!! 頼む!!」


 俺の上空に丸い水球が現れ爆弾を飲み込み大爆発を起こした。水球は破裂し周囲に水がまかれる…そして爆発の炎が水を一瞬で蒸発させ地面が燃える


 《この炎……かなりの熱よ、触れるのもマズイわ!!」


 たしかに……しかし俺は一つ思いついた。作戦とも言えないけど…しかもリスクが高い。でも成功すればこの状況をひっくり返せるかも!!


 「ティエル、作戦だ!!」
 《作戦?》
 「ああ。敵部隊は無視!! 狙いは本体の火等さんだ!!」


 俺は作戦を説明する……するとティエルは苦い顔をした


 《ホントに大丈夫なのそれ!?》
 「わからん!! もしダメだったら……〔第二神化形態〕を使う!!」


 はっきり言ってかなりヤバい。このままだとジワジワ削られて敗北する…ならやってやる!!


 《わかった……行くわよ!!》
 「おう!!」


 再び急旋回…今度は敵部隊に向かって走り出す!!


 「ふん。終わりよ、【クラスターフレア】!!」


 全部隊から巨大なミサイルが放たれる……ここはティエルを信じる!!


 《オッケーぇぇっ!! 行くぜぇーっ!!!》
 「ええ!?」


 ティエルの言葉がおかしかった気がするが……とにかくティエルはミサイルを限界まで引きつけ……急加速!! 引きつけたミサイルの間をくぐり前に出た。後ろではミサイルが全て大爆発を起こしていた!!


 《ジュート、よろしくっ!!》
 「おう!! くらえ、【黒】の上級魔術、【深淵ノ沼ディープヘル・マーシュ】!!」


 地上部隊の足下、広範囲に闇の沼が広がる……コレは【床闇之沼ダスク・マーシュ】の強化版、より深い闇の中へ引きずり込む上級魔術
 身体の半分以上が闇に引きずられ……一時的に機能を停止した。もちろんすぐに復活するだろうが今はこれで十分、足止めが出来ればいい


 「おおおおおっ!! 【紫】の上級魔術、【雷電放電ライディン・スパーキング】!!」


 今度は上空に魔術を放つ。これは空中の広範囲に放電しダメージを与える技。もちろん空中部隊を破壊出来るとは思わない……ほんの少しだけ足止めできればいい


 「チィッ……狙いはあたしか!!」
 「ご名答っ!!」


 最後の掛け……ここで全てが決まる!!


 「食らいやがれぇっ!! 【超級爆弾オーバード・ボンバー】!!」


 背中の砲塔から出てきたのは……1本の巨大なミサイル。長さは10メートル以上のまさに最強の爆弾だ……あんなの食らえばこの辺りは焦土と化すだろう










 「そいつを待ってたんだよ!!」










 俺の最大の懸念は射程距離。火等さんは上空100メートルくらいの所で指示を出している。ジャンプしても半分くらいしか届かない……なら、このミサイルを利用する


 火等さんに俺の狙いが本体だと思わせて突撃すれば……俺を恨んでる火等さんならきっと、最後は自分の手で始末を付けると踏んでいた。案の定……巨大ミサイルを撃ってきた


 「おおおおおっ!」
 「な、なにぃッ!?」


 俺はジャンプ、そして……俺に向かってきた巨大ミサイルを足場にしてさらにジャンプ。すると……俺と火等さんの目線が合わさった。コレが最後のチャンスだ!!


 俺はモルの力を使い炸裂地石砲ヴェルディ・グラナーデを構える。そして……本日最後の〔決戦技弾フィニッシュアーツ・ストレージ〕を装填




 「終わりだぁぁぁぁぁっ!!」
 「くっそぉぉ…括利ぃぃぃぃぃぃッ!!」




 俺は最後の引き金を引いた




 「【激震砲撃アースクエイク・ブラスター】!!!」




 通常の榴弾より遙かに巨大な榴弾が発射……火等さんに着弾し大爆発を引き起こした
 火等さんが最後に放った爆弾は地上スレスレで消滅……ボロボロの火等さんは地面に落下していった


 「っ!?」


 何かが猛スピードで俺の脇を通り抜けていく……これは、「龍」


 「かいしゅう~~っ!!」


 真城真龍の神器が落ちていく火等さんをキャッチ。そのまま地面に降りていった




───────────────


───────────


─────── 




 地面に降りた俺は真城と対峙していた


 「お前……どこ行ってたんだ?」
 「ん~? 退屈だからそのへん散歩してた」
 「………は?」




 真城真龍は屈託のない笑顔で言う




 「だってさ、この4人じゃ力合わせてもジュートには勝てないって思ってたから。だからあたしは手を出さなかったの、せっかくのバトル…タイマンでやりたいじゃん?」


 「…………」


 「それにさ~…あたしはもともと一人で動いてたからさ、一緒に戦うって苦手なんだよね~」


 「お前……火等さんや清水さん、鉄間さんや山野さんは……俺を倒すために必死だったぞ? 少しでも手を貸そうとは考えなかったのかよ」


 「うん。だってムダじゃん? あたしが望むのは強いヤツ!! 弱いヤツらは弱いヤツらでやってればいーじゃん。あたしを巻き込むなっての!!」


 「…………」


 なんだろう……すっげえ腹が立つ


 そういえばコイツ、最初から見てるだけだった。龍の頭の上で俺たちの戦いを面白そうに眺めてるだけ……ほかの4人は力を合わせて戦ってたのに、コイツは全員がやられてから動き出した。火等さんが〔第二神化形態〕に目覚めて、もし2人がかりで来られたら俺は負けてたかも知れない


 でもコイツは…仲間の目的よりも自分の目的を取った








 俺の頭の中に、ウィゼライト・クラックが浮かぶ








 「じゃあやろうか!! 最初っから本気で行くよ!!」


 「『第二神化セカンドエボル龍神神化ドラゴディルア・アウェイクン』っ‼」




 真城真龍の神器である龍が輝き浮遊する……そして、身体が分離して新たな形となる。組み上がる形はまるで人間のような姿。腕、足、頭……完全な人型に変形した。まるで特撮ヒーローのロボットのような姿になる




 「コレがあたしの〔第二神化形態〕・『絶武帝鎧龍王エンペラドール・アルマドゥーラ』だッ!!!」




















































 次の瞬間、巨大化した俺の左腕が「龍人」を握りつぶした














───────────────


───────────


───────








 「…………………は?」








 すでに〔第二神化形態〕に変身した俺は、左腕で龍人の残骸を持ち上げて上空に放り投げ、落下の勢いと合わせてパンチした。すると……龍人はコナゴナに砕け散り辺りに残骸が散らばる




 「お前……ナメんなよ?」




 自分でも感情をコントロールできない。レンカ先生や園長先生、子供達の顔が浮かんだ




 「お前は……自分の目的のために仲間を売ったんだよ。強いヤツと戦う?……なら、かかってこいよ」


 「ヒッ……あ、あの…あたしは……」




 俺は殺意を込めて『冥錬鉄の無神銃エクセレーナ・アイゼン・ブラスター』を構えて発砲。真城の足下に無数の穴が空いた




 「どうした?……来いよ。本気で相手してやる……!!」


 「あ……あああ……あ、ああ~…」




 真城の足下から湯気が立つ……恐怖で漏らしやがった




 「来いよ………来いよッ!!!!!!」


 「ひうっ…………」




 白目をむいて倒れた……気絶しやがった


 すると、いつの間にかボロボロの火等さんが現れて真城を抱える




 「アンタは……絶対に許さない!!」




 そう言って消えていった




 戦いは……終わった




───────────────


───────────


─────── 






 「言い過ぎた……」


 真城はハイになってる。それはなんとなくわかってた……そのことを踏まえて話をしていたのに、自分を抑えることが出来なかった。怯えさせてしまった


 《ジュート、おつかれさま》
 「ああ、ティエルもサンキュな。凄い運転テクニックだったぜ」
 《ふ、ふん。別にたいしたコトないわよ!!》


 ウソだな。背中の羽がめっちゃパタパタしてる……うれしいんだな


 今の俺は神器を使えない……さて


 《ねえジュート…どうするの?》
 「う~ん……そうだな」














 「…………」
 「…………」








 俺とティエルの視線の先には、清水しみず水萌みなも山野やまの虫菜ちゅうながいた


 どうしたもんか……マフィに聞いてみるか


 

「ホントウの勇者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く