完全無敵のカミガカリ
その他

連載中:1話

更新日:

完全無敵のカミガカリ

  • あらすじ

      ある晴れた休日の昼下がり、一つの県が崩壊した。
     
      いや、正しく言うと、一つの県『のみ』が完膚なきまでに破壊し尽くされていた。
     
      海は一瞬で荒れ、地面は大きく揺れ動き、稲妻が地面を幾度となく鞭打った。挙句の果てに、活火山ではない山までもがマグマを噴き出す始末だ。
     
      道は最早道と呼べるものではなく、建物は粉状になって飛び散っていった。
     
      死体が散らばっているからここは道だったのかもしれない、死体が密集しているからここは建物だったのかもしれないと、そう推測するしかないような惨状が一面に繰り広げられていた。
     
      そんな中で生き残った少女がいた。
     
      そんなお話。
     
     
     
     
     
      この話は『要らん事までわかる話』です。同シリーズの「完全不適のカミガカリ」は、『(カミガカリ関連の事は)何もわからない話』となっております。
     
      もちろん、今作品単体でもお楽しみ頂けますが、今作で興味を持っていただければ、是非そちらも読んで頂きたいと思います。

「完全無敵のカミガカリ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品