話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

恋愛の女神に会ってから俺の日常が暴走している

丸石 つぶ

10… クラスでの立ち位置

    ホームルームではこれといったイベントはなかった。
    転校生イベとかが来るのではと身構えていたがそんなこともなく、ただただ今日の日程とか、連絡とかを担任が話すだけで終わった。
    ・・・・そう、ホームルームでは・・だ。
「おい上里。お前、あれはどういうことだ?」
    ホームルーム終了後、担任が教室を出てすぐのことだ。俺は複数人の男子に囲まれた。
    おそらく朝の一件についてだろう。
    直接言いにきたのはこいつらだけだが、他のクラスメイトも気になってはいるようだ。
「向こうが勝手にきただけだよ。」
「はあ?お前が連れていったのを見た奴がいるんだよ。二次元にしか興味なかったんじゃねえのかよ?」
    どう答えるべきなのか…。
    そもそも真也が女性状態だったのが悪い訳…で…あれ?
「ちょっと待っててくれるか?」
「おいっ!」
    俺の考えが正しければ俺はこの状況から解放されるはず。
    そう考えた俺は真也の元へ向かう。
「なあ真也。」
     クラス全体の視線が俺と真也に集まる。
「どうしたの?」
「お前さ、朝からずっとその服だったよな?」
「当たり前だよー。」
    集まっていた視線が興味から呆れに変わったのが分かった。
    だが、これでいい。これで俺は解放されるはずだ。なぜなら──
「んで?さっきの質問に答えて貰おうか。」
    さっきまでならいかに真也の性転換を隠しつつこの追及から逃れるかを考える必要があった。
    だが今は、
「勘違いだったんじゃないのか?俺はお前達が言っている女子生徒やらとは会った記憶が無いからな。」
    そう答えられるのだ。
「そんなはずねえだろ!多くの奴が見ているんだぞ。」
「そうは言ってもな、男子の制服だっただろうが。」
    あー確かにー、みたいな顔を全員がするのに、そう時間はかからなかった。
    今さらだが、こいつら仲良すぎるな。物凄い一体感があるよ。
「なるほど、疑って悪かったな。」
「わかれば良いんだよ。」
   良かった。これで一件落着か─
「要するにお前はホモだったんだろ?」
    ・・・は?
「えっ、ちょっと待ってどうしてそうなる?」
「いや、お前は男…たぶん咲糖とイチャイチャしてたから遅刻ギリギリだったんだろ?咲糖と一緒に入ってきたし。」
     クラス全体にお前天才か…といった空気が流れる。
    これあれだわ、仲が良いんじゃなくて俺をいじめたいだけだわ。
    まあまだ慌てるような時間じゃない。真也が否定さえすれば…
「翠君は悪く無いもん。僕から迫ったのが悪いんだもん。」
    クラスの時間が止まる。
    やりやがったよこいつ。
「まーあれだ…。ちゃんと受け止めてやれよ…。」
    なんか同情されちゃった。どうしようかこの空気。
    まあ、ホモ疑惑からは逃れられたみたいだからよしとして…。
「お弁当作ってきたから一緒に食べようね。」
    真也からアプローチされることが増え、一部生徒がそれを見てキャッキャと騒ぐようになってしまったのは、まだましな方と考えるべきなのだろうか…?
    俺の二次元ライフが少しずつ壊れてきているのは言うまでもない。

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く