話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

恋愛の女神に会ってから俺の日常が暴走している

丸石 つぶ

3… こいつは本当に女神らしい

    あのやり取りの後、自称女神は俺の家に住み着くと言い出した。
    なんでも、俺からの要望…つまりは、2次元ライフのサポートをしやすいかららしい。
    彼女をつくらせる障害になるのでは?と聞いたら、「100%大丈夫です」と言っていた。
    食費が余計にかかったりしないし、家事もすると言っていたし、問題があれば出ていくということだったので、とりあえず許可を出しておいた。
    それはそれとして・・・・・・。
「なあ、お前何してるの?」
    俺が自室に戻っているうちに、自称女神はどこから持ってきたのかドア単体を壁に取り付けていた。
    形状は某青狸のどこへでも行けるドアのようだ。
「ここに住む許可は貰いましたからね、自分の部屋も作ろうかなと思って。」
「リビングをお前にくれてやるつもりはないぞ。」
「リビングを貰うつもりはないですよ。──よし、これで完成です。」
    自称女神がドアを開けると、確かにそこには部屋があった。俺の部屋と同じかそれよりもでかいぐらいのものだ。
    だが、その壁の先は俺の部屋だったはずだ。
「どうなってんのそれ?」
「神界パワーです。詳しいことは私にも分かりません。」
    それなら、こいつを問い詰めても無駄なのだろう。それよりも、
「お前って本当に女神だったんだな。」
「そりゃ当然、最初から言っているじゃないですか。やっと信じてくれましたか。」
「ああ、俺の2次元ライフが安定しそうでなによりだ。」
     自称…いや、女神は「そっちですか(ショボーン)」と小さな声で言っていたが、こいつ自身はともかく、神界とやらは、とてつもないほどの力がありそうだ。
「あ、ちょっと話は変わりますけど、私のことは名前で読んでください。私が女神だってことがばれるといけないので。」
「お前を女神と呼んだことは一度もないけどな。」
    というか、だったらこんなもんを部屋に設置すんなよ。
「心の中では自称女神って呼んでるじゃないですか。さっきやっと女神になりましたけど。」
「もしかして、心を読める…?」
「私に関わることだけですけどね。もちろん名前で呼んで欲しい理由はそれだけではないですよ。」
    しれっと流されたな。どこまで読まれているのだろうか。
    もしかしてこれも?
「そこはちゃんと聞こえてますよ。」
    ・・・・・・ラノベ読みたい。
    これは?
「これは?は聞こえましたよって、話がそれてますよ。」
「えっと、名前で呼んで欲しい理由だっけ?」
「そうです。先輩後輩や友達を呼ぶときにゴッチャになりそうじゃないですか、だからです。」
    別に名前で呼ぶぐらいは今さらなのだが、
「お前の名前って何だっけ?」
「ミィファです。これも最初に言いましたよ?」
「ミィファね、分かった。」
「私も翠って呼びますね。」
「勝手にどうぞ。」
    よし、こいつ…じゃなかったミィファの言いたいことはこれだけかな。
    一応名前呼びしとかないとな。
「んじゃ、ちょっと用事あるから友達の家に行てくるよ。」
「友達って全員風邪ひいてませんでしたか?」
「ああ、そのうち一人から相談があるってメールで…あれ?」
「どうかしましたか?」
「全員風邪だってお前に言ったけ?」
「名前呼びじゃなくなってますよ。あー、言ったんじゃないですかね。」
    いや、間違いなく言っていない。まさか、
「風邪の原因お前じゃないだろうな?」
「だから名前呼び・・・えっと、私ではないです…。」
    私では・・か…、
「本当のことを言え、さもなくば二度とお前を名前で呼ばない。」
「分かりました、だからそれはやめてください。えっと、先輩にお願いして、友達の方に逃げないように風邪にでもしておいてくださいと、お願いしました…ほんとすいませんでした。」
「本当にそれだけだな?この相談に関係あることはしてないんだな?」
「はい、それはもう間違いな…。」
     おい、なんで言うのをやめたし。
「あのー、もしかしたらですね、先輩が何かしたのかも。」
    まじかよ。とりあえず急いだ方がいいかもしれない。
「先輩の女神って?」
「同じ恋愛の女神ですけど、もちろん見習いではないですし、病気というよりも状態異常?を使って距離を縮めさせます。」
    状態異常ってところが気になるが、行けば分かるはずだ。
「お前もついてこい。なんなら神界パワーとやらで近くまで連れていけ。」
「こっちで乱用はできないので無理です。でも、ついてはいきます。私も心配ですし。あなたとの関係にヒビが入るのがですけど…
    後半なんと言っているのかはわからなかったが、ついてはきてくれるらしい。
    頼む。無事でいてくれよ。

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く