僕にとって死ぬことは怖くない

長人ケッショウ

変化

日常とは、常に日があると言う意味なら
俺の日常は一体存在するのだろうか
否、そんなものはハナから存在しない





















雲一つない青空が空一面に広がり、煌々と太陽が緑が生い茂る山や豊かな田畑が広がる平地を照らす

首から白いタオルをかけ麦わら帽子を被り古びた農具を乾いた大地に振りかざし耕していく。
何度かくわを振り、疲れの溜まった腕を休めると同時に呼吸を整える。
首からかけたタオルで額から垂れる汗を拭き取り、再び鍬を振りかざす

「アスカーーーーーー!」

ふと、俺の名前が呼ばれるのが聞こえた
声の方向に視線を向けると明るい橙色の長い髪を風になびかせ細くしなやかで白く透き通る腕を名一杯降っている少女がいた

「ご飯出来たよーーーー!」

「すぐ行くーー!」





昼食を済ませて、農作業での疲労を取るため、体を休めるため白いシーツの掛かったソファーに横になる。
昼食をとったばかりだからか、眠気があまり来ずしばらく呆然と木造の天井を眺めていると、明るい景色がふと薄暗くなった
姉が、顔を覗き込んでいた

「眠いの?」

そう言って、華奢な手が優しく俺の髪を撫でる
こそばゆいが、何か懐かしい様な気がして
そのまま撫でて貰った
姉の手はこの暑い日とは真反対にひんやりしており気持ち良かった

「……いや、ちょっと休憩」

「もう少ししたらさ、お母さんの墓参りに行こうか」

「……別に俺は構わないけど」

「じゃ、決まりね」

柔和な笑みを浮かべて、事の決定を下す
その笑顔が微睡むまどろむ光に照らされて綺麗だった

「……あぁ」

「おやすみ」

そう言って額にキスをする
優しく、優しく、ただ優しく 





「……ぅぁ……スカ……アスカ、ほら起きて」

「ぁう、も、もうすこしぃ……すぅ……」

「むっ!こうなったら」

細く華奢な手が俺の耳をしっかりと掴み
そして

「ほーらーおーきーてー!」

両耳を力一杯に引っ張る、突如耳に激しい痛みが走った

「いでっ!、ちょ、痛い痛い!わかった、わかったって、起きる、起きるから!」

姉、リラが耳を引っ張ったせいで、耳から甲高い金属音の様な音が聞こえる

「ふむ!よろしい、良きに計らえ」

どや顔でまるで一国の王様の様に威張った態度で腰に手を当てている

「……ったく、乱暴だなぁ」

ソファーから体を起こすと白いワンピースを身に纏い、麦わら帽子を被った姉がこの炎天下に活気良く咲いている向日葵を手に抱えていた

「ほら、行くよ」

差し出された花を抱えている逆の手を借りて立ち上がる

「着替えてくる」

「お早いお戻り」

部屋に入って姉が用意したであろう白のシャツと少し長めのズボンを履き
姉から貰った赤い指輪をはめる
ドアを開け、ソファーで座り込み待たせていた姉を立たせて
家を出る

木造の家によって遮られていた日光が再びジリジリと照りつける

「大丈夫?」

「全然、逆に良すぎて心配なくらい!」

姉は元国軍らしいが、俺が生まれる前に辞めてしまった。
だから人並み以上に動けるが、強い日差しまるで今日の様な日は良く体調を崩す

「本当に?無理だったら俺一人でも行けるけど?」

「いいから、ほら行くよ!」

憂鬱な俺を前に前にと引っ張っていく
こんな日差しが強くとも咲く向日葵の様にだからこそ彼女の笑顔は透き通るように美しく、その眼差しは優しい


あぁこんな日常がこれからもずっと見れたらよかったのに


でも、こんな日常は長くは続かなく
唐突に消える













「僕にとって死ぬことは怖くない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く