やはり、創造神の加護はチートでした

弥音 雪

14話 無双と昇華




  まず最初にゴブリンジェネラルを死角から瞬殺する。

(なんか力がこみ上がってくる…。)

  あまり気にせずにもう1匹のゴブリンジェネラルを今度は魔法を使って倒してみる。
  
「エアーカッター」

  そうするとジェネラルの首が飛ぶ。

(よし、うまく手加減できた。あ、またこの感覚だ。)

  後ろの方に被害があまりないことに無出を撫で下ろす。そしてまた力が湧いてきた感覚があった。

  そして次はゴブリンキングだ。今度は剣でやろうと思う。

「創造片手剣」

  そうすると片手剣が創造される。そして飛んできた魔法を次々と文字通り切る。もちろんこんな芸当はレオンぐらいしか出来ないだろう。

「行くぞゴブリンキング!」

  そう言って一瞬で身体強化を全身に施し、同じく一瞬でゴブリンキングの目の前に現れる。

「はっ!」

  レオンは剣を何も無いところを横に振るう。すると、ゴブリンキングの首が飛んでいた。

(案外、斬撃を飛ばすのは簡単だな。)

  もちろんこれも力ある物だからできる芸当だ。

  3匹のゴブリンを倒した後は心臓付近から魔石を取り出しアイテムボックスに閉まっておく。

(ふー、以外に楽に倒せたな。)

  そんなことを思いつつ、森の中心へ向かっていく。

(お、反応あり。)

  さっきと同じ要領で魔物を鑑定する。

【種族】レッドオーガ

【Lv】75

【体力】360000/360000

【魔力】4000/4000

【スキル】闘気Lv6   威嚇Lv6



(おぉオーガか!けど一気に10匹か……。頑張るか。)

  レオンの頭には逃げるという選択肢がすっかり無くなっている。

「アイスランス」

  そう言うとレオンの頭上に10本の氷が現れる。

「行けっ!」

  レオンの放った魔法は寸分の違いなく全て、レッドオーガたちの脳天を貫いていた。

「よし、上出来だな!」

  そして魔石を回収する。


  それからは日が暮れるまで戦っていた。いや一方的な虐殺をしていた。

「よし今日はこのくらいにしようかな。」

  そう言って黒龍の魔石を回収する。それと同時にもう暗くなっていることにようやく気づく。

「あ、もうこんな時間か!急いで帰らないと!」

  自分に着いている返り血を水属性魔法と光属性魔法で綺麗にして転移する。

(ふぅ、なんとか誤魔化せた。)

  今日の中で1番大変だったかもしれない、と思うほど苦労した。結局許してくれたから良かったけど。

(そういえば今日いっぱい魔物を倒したけど、なんか変化あったかな?)

  そしてステータスをみる。

『ステータス』

【名前】レオン

【性別】男

【年齢】5歳

【種族】人族

【Lv】MAX

【体力】表示可能な数値を超えています

【魔力】表示可能な数値を超えています

【スキル】全魔法LvMAX  スキル合成LvMAX   魔素操作LvMAX  身体強化LvMAX   剣術LvMAX   武術LvMAX   神眼LvMAX   超越隠蔽LvMAX  アイテムボックスLvMAX   昇華   転移   無詠唱   取得経験値10000倍   必要経験値0.0001倍   ステータス成長10000倍   全知   言語理解

【称号】転生者   創造神の加護を持つ者   魔法神の加護を持つもの   武神の加護を持つもの   生命神の加護を持つもの   龍殺し     



(レベルがMAXになってる……。)

  レオンは自分の成長速度に心底驚いていた。

(経験値チート……恐ろしいな。)

  それでも止めようとは思わないレオンであった。神様の言質も取ってあるから大丈夫なはずだ。

(そう言えば昇華出来るかな?)

《チセー?》

《はいマスター!なんでしょう?》

《なんかテンション高くない?》

《最近呼んでくれませんでしたから……。》

《それはごめん。》

《いえいえ、大丈夫ですよー!》

《ありがとう!で本題なんだけど今昇華って出来る?》

《はい可能です。やり方は自分を選択して昇華させます。それと行う際はベッドの上などの方がいいと思います。意識がなくなりますので。》

《分かった!ありがとう。》

  チセの話を聞き先に夕飯を食べてしまおうと思い。昇華は寝る時にしようと決めた。

  それからはいつも通り夕食を食べて、風呂に入り、部屋に向かう。そしてまたいつも通り軽い読書をした。そして眠気が襲って来たのでベッドに入った。

(じゃぁ、昇華しようか。)

  そして自分の状態を確認し、大丈夫そうだったので自分を選択する。

(よし、昇華!)

  すると意識が無くなった。



翌朝

「ん〜っ!ん?まだ夜か。ちゃんと昇華出来たかな?」

『ステータス』

【名前】レオン

【性別】男

【年齢】5歳

【種族】超越人族

【Lv】MAX

【体力】表示可能な数値を超えています

【魔力】表示可能な数値を超えています

【スキル】全魔法LvMAX  スキル合成LvMAX   魔素操作LvMAX  身体強化LvMAX   剣術LvMAX   武術LvMAX   神眼LvMAX   超越隠蔽LvMAX  アイテムボックスLvMAX   昇華   転移   無詠唱   取得経験値10000倍   必要経験値0.0001倍   ステータス成長10000倍   全知   言語理解

【称号】転生者   創造神の加護を持つ者   魔法神の加護を持つもの   武神の加護を持つもの   生命神の加護を持つもの   龍殺し   超越者

「やはり、創造神の加護はチートでした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー331118

    スキルも昇華すれば更なるちーーと

    0
  • ノベルバユーザー339691

    片付剣もらっただるるぉぉぉぉ?

    2
  • 白華

    Sランクのステータスと魔物のステータスかけ離れすぎじゃないですか?

    1
  • ノベルバユーザー27545

    >無出を撫で下ろす
    >力ある物だからできる芸当だ。
    >以外に楽に倒せたな
    >アイテムボックスに閉まっておく

    以上、誤字。

    >今日の中で1番大変だったかもしれない、と思うほど苦労した。

    何のこと?

    1
コメントを書く