話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

神様にツカれています。

こうやまみか

第一章 1

「やべっ……。ダッシュで走ってギリセーフって感じだ」
 神津誠司かみつせいじは、大学に向かうべく駅の階段を駆け足で降りながら焦る気持ちを紛らわそうと呟いた。
 六車線もある道路の信号機の青から赤に変わる時間も経験則で分かっていた。
 青でいてくれ!と心の中で願ってはいるものの、このままの速度だとかなりヤバい。
 国道の信号機にタックルする勢いで走り込んで……、そして思わず足を止めた。
「御祖母さ……いや、貴女は今渡らない方が良いです」
 杖で身体を支えて歩く老婆に声をかけた。どう考えても彼女の足では渡りきる前に信号が赤に変わるし、この国道はいつも自動車が物凄い速度で走っているのは知っていた。
 土日を除くほぼ毎日通っているのだから当然だったが。
「ええ?何でや。信号は青やろ」
 いかにも大阪生まれの大阪育ちといった威勢の良い声だったが、多分耳まで遠くなっているのか、誠司に反論する声は必要以上に大きかった。
「ダメですって。直ぐに赤になります」
 頑固な感じで渡ろうとする老婆の片腕を弱い力で掴んで引き止めた。
 その直後、トラックが轟音を立てて国道を走っていく。
 駄目だ……。遅刻決定……。
 がっくりと肩を落としてしまう。
「兄ちゃんありがとな。あんなんに巻き込まれたらえらい目に遭うとこやったわ」
 老婆が感謝の気持ちを込めて誠司を見上げた。
「いえ、無事で良かったです」
 見ず知らずの老婆は無事だが誠司の単位は危険だ。
「兄ちゃんは学生さん?」
 この辺りは割と気さくな人が多いのも大阪郊外という土地だからだろうかと誠司は思った。
「そうです。この近くの大阪国際経済法律情報大学に通っています」
 いわゆるFランと呼ばれる――いや、口の悪い幼馴染に言わせるとGランかHランクだろ?だったが――大学の名前は滅多に人に言わないようにしている。
「え?大阪法律経済大学……」
 老婆が混乱するのも無理はない。実際に通っている学生ですら順番を間違えることもあるのだから。
 いかにも思いついた「学問的」な名詞を羅列したらこうなりました的な安直なネーミングなのは誠司も呆れていたし、この大学を滑り止めで受けた時にはまさか通うとは思ってもいなかった。ちなみに父母も名前を見ただけで大笑いしていた。


「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く