追憶

さくら

2人で?


平塚さんからお食事の誘いを受けてから2日程経っていた。
北川先輩は忙しいので来れない為、逆に2人でも良いのか私から平塚さんへ尋ねた。




>お疲れ様です。お食事なんですが、北川先輩は忙しいそうで来れないとの事でした。私だけですが、逆に大丈夫でしょうか?




>お疲れ様。全然いいよ〜!いつにしますか?


なんだ、あっさり2人で良いのー?!
久しぶりに胸がドキドキしていた。



>2日後の水曜日なら大丈夫です。そちらの予定はどうですか?



>僕も水曜日でいいよ。どっかまで迎えに行くよ?どうしよう?


そういえば、私の住む所は食事会で話していたが平塚さんの住む町は知らなかった。
聞くのもなぁ〜と思い、店で待ち合わせで良いと返事をした。



>じゃあ、〇〇って店なんだけど道わかるかな?



>ナビもあるし大丈夫ですよ!ありがとうございます

>時間はどうしますか?早川さんに合わせるよ

>19時半なら間違いなく大丈夫です!

>じゃあ、その時間で。道分からなかったら連絡して。運転に気をつけてね。


デートだ。ん?デートか?
違う違う、はやまるなウチ!!!

テンション上がってるのがわかる。
けど、とりあえずは明日の乗務が先だ!

乗務の方が緊張するはずなのにどこか上の空。自分でも水曜日のお誘いが楽しみで仕方がないみたい。
けど、そのおかげで明日の乗務も頑張れそうな気がしていた。




「追憶」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く