追憶

さくら

社会人


高校卒業後、私は無事に希望したバスガイドという職種へ着く事が出来た。

翔子も同じ様に内定が決まり、早速本社で研修が始まった。
本社といっても昔の小学校を使用しておりオンボロそのもの。扉は引き戸でガタガタと音がなる。

書類に目を通し、ナントカの講習を受け、眠たい眠たいと思いながら受ける研修。

バスガイドとして入社した同期は私を含めて5人であった。
私は人見知りする方であったが翔子は私と真逆だ。 すぐに皆と打ち解けていた。
しかし、皆良い人達ばかりで人見知りの私も皆と仲良くなるのに時間はかからなかった。


「追憶」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く