転生したら最高神になっていたのだが?

ただの猫

13

おいアイツだぜ
ザワザワ



「あー、あそこは負けておけばよかった」
「まぁ、Aランクになれたからよしとしよう」
「フェリスくーん」
「あ、受け付けのおねぇーさん」
「緊急のクエストが入ってるの」
「やりますなんですか?」
「ドラゴン討伐です」
「ドラゴンですか」
「わかりました行ってきます」

龍の山

「こいつがおねぇーちゃんが言ってたやつか」
「時間かけたくないな」
「陰陽呪装」
「砕岩獅子 急急如律令」
「鎧包業羅 急急如律令」
「飛天駿脚 急急如律令」
「来災先観 急急如律令」
「これをかけとけば一瞬だな」
そうほんとに一瞬だった
投影魔術を使い首を切り落とした











「終わりました」
「え、もう?」
「これがドラゴンの頭です」
「ホントのようね」
「君にはSSSランクに昇格してもらいます」
SSS←人外
「ありがとうございます」



「よし前準備はこれでいいな」
後は…






「久しいな国王」
「フェリスくん、久しいなどうした?」
「俺の正体を教えに来た」
「俺は絶対神神の頂点に立つものだ」
「は? すまんがもう一度頼む」
「だから俺は絶対神。神様なの」
「お父様事実ですよ」
「これを見てください」
シルフィー・ルグニカ
5歳

体力         50
攻撃力     20
防御力     15
魔法力     100

スキル   なし
称号       絶対神の加護
「これは」
「そうか事実か」
「でそこでお願いなのだが」
「なんだ?」
「俺の宗教が欲しい」
「わかった、その前に我にも籠を与えてくれ」
「わかった、多分、運とかが良くなると思うよ」
「ありがとう」





ねぇ、聞いた?
国王と貴族達が絶対神フェリスとか言うのを信仰してるんだってよ
なんなんだろうね
私入ってみようかな



「よし信徒は集まってきたな」

「転生したら最高神になっていたのだが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ヒナキ

    冒険者のランク書いといてくれないですか?

    0
コメントを書く