転生したら最高神になっていたのだが?

ただの猫

12話

「というか絶対神の加護っていつの間にそんなものがシルフィーに……」
「説明させて貰います」
「ルビーか?」
「はい絶対神様」
「説明頼む」
「あなたは加護を与えることができるようになりました」
「そうなの?」
「はい」
「なら新しい宗教とクランでも作ろうかな?」
「そうしてみればよろしいかと」

ギルド ミスリ
「あのー、どうされましたか坊ちゃん」
「ここのギルドに加入したいのですが」
「いいですよ!こちらへどうぞ」
「おい待てガキ」
「誰ですか?」
「この方はAランクのブラッキーさんです」
「で、そのブラッキーさんは俺に何の用ですか?」
「てめぇ、みたいなガキがギルドなんかに来るんじゃねぇーママの乳でもスってろ」
「あ?なんだてめぇ」
殺気を込めて言った
「勝負してみるかなら」
「受けた」



「なんでもあり、殺すのはなしとのことで」
「はいそれで構いません」
「では、始めます」

「俺がガキなんかに負けるかよ」
「そんなこと言う?」
「もう怒ったからね、み恵みを受けても背く敵は籠弓羽々矢もてぞ射落とす 
裂空魔弾 急急如律令!」
「なんだそれは」
「さぁ、なんでしょうね?」
4発の石を飛ばした
「この程度よけれるぜ」
相手が避けてるあいだに投影魔術でナイフを10本出した
「あいつはどこに行った?」
下から足を払い倒した
「いきなり下から現れやがったちっちゃいんだよてめぇー」 
カチーン
「ちっちゃい言うなー」
ブラッキーに向かいナイフを投げた
それは全て外れた
「は、下手くそが仕切り直しだ」
「な、ナイフが」
ブラッキーの周りにナイフが刺さっていた
「これじゃ動けねぇ」
「サンダードラゴン」
「ま、待て参ったー!」
ドラゴンは消えた
「しょ、勝者えっと君名前は?」
「フェリス・アストレアです」
「勝者フェリス・アストレア!」
ザワザワ
あいつが負けたのか







「ということでフェリスくんは初めからAランクとして冒険者になってもらいます」
「分かりましたありがとうございます」

「転生したら最高神になっていたのだが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く