転生したら最高神になっていたのだが?

ただの猫

11話

「うん大丈夫、フェリスくん今のなに?」
「今のは、破壊という僕の能力です」
「そうなんだびっくりしちゃったいきなり私を捕まえてた神?が消えたから」
「シルフィー、僕は君に隠してたことがあるんだ」
「え、何教えてよ」
「うん、僕は髪の中で一番上の絶対神なんだ」
「え、今なんて言ったの?」
「だから、僕は神なんだ」
「えっとフェリス様って言った方が?」
「やめてくれたのむから」
「そっか、でも納得だわ」
「そうかな?」
「だって普通の人間にしたら強すぎるもの」
「あはは」
「じゃ、戻ろっか」
「うん」


「あ、シルフィー僕が神ってことはみんなに内緒ね」
「うんわかった」
「じゃまたね」

シルフィー・ルグニカ
5歳

体力         50
攻撃力     20
防御力     15
魔法力     100

スキル   なし
称号       絶対神の加護

「さっきちらっと見たけど、これはこれでやばいなシルフィー」
「一般人で魔法力100はすごいな」





想像力がありません

「転生したら最高神になっていたのだが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 森

    神の中のが、髪の中のに、成っています

    1
コメントを書く