転生したら最高神になっていたのだが?

ただの猫

5話

「おはよォー」
「おはようフェリス」
「今日はどうするの?」
「スキルの練習をしようと思ってます」
「わかった」
「まずどうしようかなー、練習場所を作らないとな」
創造      ー時間停止空間作成を取得ー
「わぁ、すごいの出来たな」
「まぁ、入ってみよう」
そこはには、広い土地があった
「すごーぃ、これで存分に練習出来る!!」
「まず広さを見たいな」
「飛天駿脚 急急如律令」
「これでよし」
だいたい10分くらい走った
「この感じは無限に広がってるな」
「存分に練習してくださいってね」
それから2時間ほど時間停止空間で陰陽術や投影魔術の練習をした。
「はぁ疲れたー」
「そう言えばこの前王様が、領土をくれるって言ってたけどあれどうなったのかな…」
「まあ、今領土をもらっても早い気もする」
「そろそろ投影魔術だけじゃなくてトレース(物体強化)も練習しないとな」
「投影魔術 発動」
「これにトーレスオン」
超強そうに見える剣になった
「よし成功だ」
「今日はこの辺にしておこう」




━━━━━━━━━━━━━━━

今日は終わりー





「転生したら最高神になっていたのだが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー263757

    誰が発言しているのか分かりやすくしてください。

    2
コメントを書く