SHOW MUST GO ON

椿 花鈴

1曲目 はじまり

俺、一ノ瀬翔也いちのせしょうやは、眠っている姉の横で言った。「姉ちゃん、俺アイドルになるよ。
姉ちゃんとの夢、俺が受け継いだから、  見ててね。絶対有名になるから。」と俺はそう心の中で伝えた。すると携帯が震えた。メールだった。開いてみてみると、

今日、午後12時に事務所に来るように。

と送られてきた。
「なんだろう?」
と思い時間を見る。まだ10時30分だった。ここから事務所まで20分。まだ行くには早かった。 「じゃあね、姉ちゃんまた来るから。」と俺は、姉ちゃんに別れを言って歩き出した。
スマホを出し、イヤホンをつける。
散歩しながらゆっくり行くか。と思い、
途中でカフェによってコーヒを頼み、
歩きながら飲んでいた。

時間を見ると「ちょっとのんびりしすぎたかな…」と思い、腕時計を見て呟いた。時間は11時40分。俺は、手に持っていたコーヒを飲み干して、からのカップをゴミ箱に捨て走り出した。


走ること10分事務所が見えてきた。
「……11時50分、……間に合ったな」と呟いて、事務所に入る前に息を整える。
「こんにちは〜」と入るとそこには、4人の人達がいた。

「SHOW MUST GO ON 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く