話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Azurelytone 【1】~アズレリイトオン~

羽兼

015 選びなさい

バギ!………………

ブチブチブチ…………



<う……俺は何をしてるんだ?…>

<なんのために、こんな事を……… >


<身体が引き裂かれている……なぜ?>


<俺は、なんで、こんな悪魔と闘っているんだ? >




薄れゆく意識のなかで、あの時の選択がよみがえる…………。



「女房は事故で………死んだ」

「医者の診断では、俺の命も2ヶ月もまない……」

「このままでは、娘を育てる事ができないんだ……助けてくれ………助けてください」



男がひざま付いて懇願するのは、ひとりの女性。

あどけなさの残る顔はどこか浮世離れしていて、男の声が聴こえているのかも判断がつかない。


なによりその「白さ」。

髪や肌だけに及ばず、内臓に至るまで脱色したかのように、脱け殻のように「白い」。

その傍らには、彼女の色を全て吸収したかのような、漆黒の犬がねそべっている。



「ダーザインは生者の刻を止める技術」



真紅に艶めく唇が語りだす。


「あなたがいくら願っても、
    亡くなった奥さまを甦らせる事は
    できないの…… 」


「でも……私を訪ねてきたのも
    何かの巡り合わせ」

「不死にしてあげる」

「病に苦しむあなたか……」

「その幼い少女のどちらかを…… 」





「選びなさい………… 」





そして、男はダーザインになった……。 


男は死に際の病に犯されながら、
娘を育てた……。 


しかし、死に近い苦しみを味わい続ける事に、精神は耐えられはしない…… 。


崩壊していく精神をひきずり必死にもがいたが、安定した仕事ができるはずもなく。


男は不死の身体にたより、人を襲い金品を得るようになった……。

 娘は成長するにつれて、男の異常な行動に気がつきはじめる……。 


そして…… 



男が自分の事を、娘なのか、妻なのか、母なのか認識できなくなったとき……


彼女の心も限界に達した………。 


老婆となった娘は、男を連れ、レヴィンの店「ブラックボックス」に通うようになった。




しかし、男のダストを完全に祓う術はなかった……)。




そして、アズレリイトオンを選曲したのだ。




ミヅキは、血液に宿る人間の願望を感知できる。そして、それを叶える。 


『自由が欲しい』



たとえそれが、残酷な結末をむかえる事になるとしても……。 



「ふ~っ」


「あんたと俺の血管を繋いだ」


「身動きひとつできないはずだ」


「このまま眠るように死なせてやる」 



……娘を…た…の…む。 



「……………」


ミヅキの硝子玉のように変化した眼球に、僅かな感情が波打つ。


「心配ない……あなたは娘を
    立派に育て上げた……」



「じゃあな………」


「待って!!!!」


「その人を殺めてはだめだ!!!」


f は、その幼い外見からは想像もできない響きを放った。


「Azurelytone 【1】~アズレリイトオン~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く