話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Azurelytone 【1】~アズレリイトオン~

羽兼

001 鬼ごっこ 始

ここは、夜の明けない極夜の街
アズレリイ...... 。

街が闇につつまれたとき、
人々は三種の性質変化に侵された。 


ザイン(sein)
: 眠ることができない人間

インザイン(Insein)
: 目覚める事ができない人間

ダーザイン(Dasein)
: 死ぬ事ができない人間 

極夜の街は、
互いの性質をめぐる争いに
満ちていった…………。 


  「 はぁ……はぁ、はぁ」

艶やかに光る石が敷き詰められた路地を駆け抜ける青年。

それを数人の男達が追いかける。

「二手に別れろ!!」
「袋小路に追い詰めるんだ!!!!」

青年はこの区画の地理に疎いのか、角を曲がる度に、男達に距離を詰められていく。


「追い詰めたぞ 」
「なにが鬼ごっこだ?」
「フザケやがって 殺せ  」

残念ながら、この街ではリンチはよくある光景だ……死ぬことのないダーザイン達は、その行為に狂暴性を増している。


「はぁ……はぁ…」
「……鬼ごっ……こ………」

「鬼ごっこは終わりだ 」

ガンッ 
ガン 

弾丸は、無防備の青年を容赦なくつらぬく。
身体を支えきれず、壁に背をつけた。

「ゴボッ」

その口許からは、血の泡と…………


笑みが溢れた。

「Azurelytone 【1】~アズレリイトオン~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く