話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界列島

ノベルバユーザー291271

01.天変地異

<a href="//24182.mitemin.net/i310816/" target="_blank"><img src="//24182.mitemin.net/userpageimage/viewimagebig/icode/i310816/" alt="挿絵(By みてみん)" border="0"></a>
<a href="//24182.mitemin.net/i297863/" target="_blank"><img src="//24182.mitemin.net/userpageimage/viewimagebig/icode/i297863/" alt="挿絵(By みてみん)" border="0"></a>
 ♢
【日本国/2017年8月上旬・某日_4:44】


 その日は熱帯夜であった。


 各家庭のエアコンは室内にせわしなく冷気を送り込み、ファンで暖められた空気が室外に排出される。


 午前4時44分―――。


 まだ夜も明けないこの時間、人々は突然の頭痛と眩暈によってその安眠を妨害された。


 直後、震度3の地震が列島を襲う。


 幸いにも津波の心配は無いとの報道に、多くの人は頭を捻りながらも再度の眠りについた。


 生まれてこの方、地震と共に生活してきた日本人にとって、それは「少し揺れたかな?」という程度の揺れであり、眠気にまさるものではなかったからだ。


 しかし、気象庁の職員は頭を悩ませる。というのも、その地震には震源と呼べるような場所が確認できなかった。


 そして、奇怪なことに全国各所で等しく震度3の揺れを観測していた。


 この時はまだ、日本に起きた〝天変地異〟について正しく理解している者は一人として存在しなかった。












 ♢
【アメリカ合衆国/ワシントンD.C/ホワイトハウス/大統領執務室/同日】


 ホワイトハウスは、アメリカはもとより世界の政治の中枢と言える。その中でも最も警備が厳重だと言われる大統領執務室に二人の男がいた。


 一人は薄くなり始めた金髪をオールバックに纏めた中年の白人で、もう一人はバスケットボール選手を思わせる高身長の屈強な黒人青年だ。


 前者はこのホワイトハウスの主……つまり合衆国大統領で、名をドーナツ・カードと言う。そして後者はその補佐官であるボブ・スミス。


 大統領は補佐官に懐疑的な目を向け言い放つ。 


「What!?Have you lost your mind?」
 なに!?おまえは気でも狂ってんのか?


 酷い言いぐさである。しかし、補佐官の報告を聞けば彼の気持ちも理解できる。それはあまりにも突拍子の無い馬鹿げた報告だったからだ。


 しかし、補佐官はいたって冷静に同じ言葉を繰り返す。いや、本当は彼も冷静ではないはずだが、努めて冷静にふるまおうとしているのかもしれない。


 事実、声の冷静さとは裏腹に、彼の腕はせわしなく揺れ動き、その顔には冷汗が浮かんでいた。


「Realy……Japan,Japan have disappeared!」
 本当です……日本が、日本が消失しました!


 再び告げられた馬鹿げた報告。大統領は椅子の背もたれに腰を預け、その目頭を手で揉むように押さえて聞き返す。 


「Sorry……What do you mean?」
 すまない……それってどういうことだ?


「Sense of intact.We also can't understand at all.」
 言葉通りの意味です。我々にもなにがなんだか。


 実際、補佐官もまだ現状を詳しくは把握できていなかったのだ。


 大統領は執務室の天井を見上げ、ため息とともに声を絞り出す。


「……Stop kidding me.」
 ……冗談じゃないぞ。


「Anyway,This is emergency!」
 とにかく、これは緊急事態です……!


【速報】日本列島―――消失。


 その一報に、世界中が震撼した。


 現代科学の範疇はんちゅうを超えた、神の悪戯とでも言うべき厄災に、新聞・テレビ・SNSと朝から話題はこのことで持ち切りだ。


 日本列島と言う地球全体で見れば極僅かな陸地の消失も、グローバル化の進展著しい現代社会においては細事と片付けることはできない。


 世界三位の経済大国の消失による悪影響は、世界全体に波及する。……とすれば、地球世界から孤立した日本が深刻な事態に直面することは言うまでもない。

「異世界列島」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く