契約の森 精霊の瞳を持つ者

thruu

4.

 これだけの人がこの部屋にわざわざ集まったのは、その理由を聞くためだったのではないだろうか。

 エントの言う、神や精霊のような力がどういうものなのかは知らない。けれど自分にそんな力がない事だけは確かだ。だから、どうやって来たかと聞かれても、エントの期待するような ことは答えられないだろう。

 混乱する頭をなんとか落ち着かせて、エントの期待する答えではなく、起こった出来事を話すしかなかった。

「神社に寄ったんです。出張先で、なんとなく」

 その答えにエントは一瞬、目を泳がせた。それから前のめりにしていた姿勢を戻すと、頷きながら話しの続きを聞いた。

「えっと、神社に寄って、それから裏手に森へ続く階段を見つけたんです。すぐに引き返すつもりで登って、しばらく歩くと霧で方向が分からなくなったんです。それからドワーフの夕食に誘われて……」

自分自身でもおかしな事を言っているのは分かっている。けれど、正直に話すとこういう事なのだ。神の力や、精霊の力とは関係なくて、どこか申し訳ない気持ちになる。

 話し終わると、エントは静かに言った。

「なるほど。どうやってこの森に来たのか分からない、という事だね」

 つまりは、そういうことです。心の中で呟きながら、エントの言葉に静かに頷いた。部屋のあちこちから、ため息がこぼれる。それはまるで、期待はずれだった時にだすため息だ。

 部屋の中が妙な雰囲気になった時、エントが助け舟を出した。

「疲れているだろうから、今日はもう休んだほうがいい」

 エントは立ち上がり背を向けた。その言葉は嬉しいが、肝心なことをまだ聞けていなかった。

「あの、まだ聞きたい事が……」

 エントは振り返ると、ゆっくりと説得するように言う。

「そうだね。分かっている。しかし、できれば君の体力がもう少し回復してから話をしたい」

 その話は、自分が期待するような内容ではないことは、なんとなく分かった。話したがらないということは、そういうことだろう。エントは話せないかわりに、腕の怪我の話をした。

「それから、その腕の怪我は私達の不注意のせいでな。また詳しく話すつもりだが……申し訳ない」

 その時には腕の怪我なんてどうでもよくなっていた。そんなことよりも、エントが話したがらない事の方がよっぽど気になっていた。返事をするかわりに少し笑って頷くと、エントも微かに微笑んだ。

「何かあったらグリフに聞くといい。君の力になるだろう」

 そう言って部屋から出て行った。他の者達もエントの後を追うようにぞろぞろと部屋を後にする。

 最後にはグリフだけが残った。声をかけようと思ったけれど、グリフはこちらをろくに見もせずに勢いよく扉を閉めた。

 風と森のざわめきが聞こえる部屋でただ1人、グリフが去る足音に耳をすましてた。

 心はまるで外の嵐のように、不安が渦を巻いて暴れているようだった。

「契約の森 精霊の瞳を持つ者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く