Raison d'etre

月島しいる

1章 03話 長井加奈

「申し訳ありませんでした」
 司令室の一角に、桜井優の言葉が反響する。
 帰投後、優は司令室に呼び出され、つい先ほどの戦闘について厳重注意を受けていた。
「……全てを私が指揮する訳ではないし、多くの判断は現場の中隊員に委ねられる。だけど、今回は君に戦闘の許可自体を与えていなかった。ここは建前上軍ではないけれど、実際には自衛軍よりも厳しい状況に置かれてるの。これからは命令を絶対に遵守しなさい」
「はい……」
 優が頷くと、奈々は厳しい表情を緩めた。
「お説教はこれでお終い。誰かが危なければ、自然と体が動くのは当然だと思う。でも、可能な限りは許可を求めてから行動するように。良い?」
「はい。申し訳ありませんでした」
 深々と頭を下げる。
「華を助けてくれてありがとう。もう行っていいわ」
「はい。失礼します」
 優は最後にもう一度頭を下げてから、司令室を後にした。
 廊下に出て、大きく息を吐きだす。
 何故、あんな事をしてしまったのだろう、と優は後悔の表情を浮かべた。
 部隊の後方から戦闘を観察するだけの予定が、気がつけば敵陣の中に突っ込んでしまっていた。
 パニックに陥っていた訳ではない。頭の中は、極めて冷静だった。それなのに、身体が勝手に動いてしまっていた。戦う事が自然な事であるように思えた。奈々からすれば、調子に乗った新人にしか見えないだろう。
 脳裏に、亡霊を銃剣で突き刺した時の感覚が蘇る。亡霊の咆哮が、何度も再生される。
 優は小さく首を振って、寮棟に戻る為に長い廊下を歩き始めた。
 寮棟前の廊下にいた数人から視線が投げ掛けられるが、意図的に無視する。
 やりづらい、と思った。優以外の中隊員は全員女性で、亡霊対策室のメンバーも女性が多い。情報部などは男性が多いようだが、特殊戦術中隊の寮棟などでは他の男性の姿を見た事がない。
 優が亡霊対策室に拾われたのは三週間前の事だった。高校に入学してからまだ五カ月しか経っておらず、特殊戦術中隊への入隊に悩んだが、小さい頃に見た奈々の仮面のような笑みが酷く気になって、入隊を決意した。奈々に対し、憧れを持っていたといってもいい。
 しかし、現実は甘くなかった。女性だらけの集団に男一人で生活する厳しさを優は想像していなかった。見えない壁があり、物珍しさで話しかけてくる人はいたが、知り合い止まりといった感じで、友人と呼べる人は一人もいない。
 厳しい訓練、過酷な実戦、孤独な生活。先は暗い。
 唯一の救いは、優にESPエネルギーの扱いに対して平均以上の才能があったことだろう。入隊時に測定したESPエネルギー出力値はどうやら特殊戦術中隊の平均値を上回っているらしかった。先程の実戦でも大きな怪我はなく、撃墜数九という大きな戦果をあげることができた。少なくとも足手まといになる危険性は回避できたようである。しかし、増長してると見られても仕方がない行動をとってしまったことで、信用も失墜した気がする。
 自室前に着いた時、優は暗い思考を停止した。自室のドアに誰かがもたれかかっている。着水訓練でお世話になった篠原華だった。
 華も優の存在気付き、もたれかかっていたドアから離れる。
「久しぶり。さっきはありがとう」
 そう言って、華は笑った。まだ幼いながらも整った顔立ちで、顔をあげた拍子に茶色く染められたセミロングの髪が空を舞う。十日前に会った時よりも、落ち付いているように見えた。
「十日ぶりかな?」
「うん。ねえ、今、時間あるかな?」
 少女はそう言って、小首をかしげた。仕草と雰囲気が妙に合っていて、頬が緩む。
「時間?」
「うん。良かったら、ご飯一緒に食べない?」
 思わぬ言葉に、優は目を瞬いた。
「ご飯?」
「そう。さっき助けてもらったし、お礼に!」
 優はじっと華を見つめた後、不思議そうに首を傾げた。
「ぼくが、助けた?」
「あれ? 戦闘時、桜井くんが突っ込んできたから私助かったんだけど、あれ、私を助ける為じゃなかったの?」
 優は記憶を振り返って、再び首を傾げた。よく覚えていない。勝手に身体が動いて、よくわからないままに全てが終わった。味方を見ている余裕などなかった。
「えっと、必死だったからよく覚えてなくて……ごめんね」
 申し訳なさそうに優が言うと、華は微かに残念そうな表情を浮かべた。
「うん。初陣だもんね。私も初めは周り見る余裕なかったよ」
 華がフォローするように両手を振る。
「それでね、お礼に夕食ご馳走したいんだけど、どうかな?」
 それは、優にとってありがたい誘いだった。友好的な誘いを断る理由などない。優は迷わず頷いた。
「じゃあ遠慮なくお願いします」
「本当? じゃ、こっち来て!」
 華が嬉しそうに駆け出す。その時、警報が鳴り響いた。
 華の足が止まる。優は何もない天井を見上げた。
「亡霊……?」
 自然と呟きが漏れた後、ポケットに入っていた端末からも激しいアラームが鳴り響いた。出撃命令。
「うそ。また?」
 華の困惑した声。
 優と華は顔を見合わせた後、同時に頷いて、出撃ゲージ目指して駆け出した。

◇◆◇

 亡霊対策室司令官、神条奈々は対ESPレーダーに映る無数の影を見て戦慄した。
「八九、九〇、九四……」
 上擦った解析オペレーターの声がぼんやりと耳に入る。
 通常、亡霊は一度襲撃を仕掛けてくれば、次の襲撃までに二、三日の空白期間があった。にも関わらず、今回は三時間前に迎撃したばかりであるにも関わらず、白流島から新たな亡霊が飛び出している。亡霊がこんな短時間で再び姿を見せた前例など存在しない。しかも、百を超える大群だ。
 まるで、と奈々は思った。まるで次の襲撃を待ちきれなかったようだ。そう考えて、すぐにそれを打ち消す。亡霊を擬人化し、人の行動特性に当てはめる事は危険だ。古来より人は理解できない事象に神や妖怪を結びつけ、表向きの納得と安心を得てきた。しかし、それは何も解決しないどころか、正しい知識や理解を得る為の障害にもなりうる。奈々は、そうした馬鹿げた理由付けをしたくなかった。「無知の知」と言う言葉が頭をよぎる。
 亡霊の活動には謎な部分が多い。その一つに戦力一定の法則と呼ばれるものがある。数が多い場合は個々の戦闘能力が低く、数が少なければそれを補うように個の力が強大となる。そういった経験的な法則を軍はいくつも分析してきたが、その理由や原因はいまだに判明しない。価値基準自体が人間と大きく異なるのだろう。戦略目的が不明な以上、亡霊の行動特性が絞り込めない。
 そうした中、唯一理解しうる可能性があるのは戦術・戦闘の分野だ。刹那的な亡霊の戦術は人間のそれと同様に見える。戦闘といった一点に絞れば、動物などを観察してもある程度の理解ができるのと同じだ。奈々の仕事はそうした理解できる部分から対応策を練り、迎撃することにある。亡霊の思想や考え方などは哲学者が考えればいい。
 奈々は余計な思考を振り払って、出撃メンバーの選択に取り組んだ。特殊戦術中隊は六つの小隊からなる。しかし、第五、第六小隊は休暇中で前線に送り込める状態ではない。第一、第二小隊も昼過ぎの戦闘による消耗が激しく、負傷者も多い為出撃は見送るべきだろう。ならば、スケジューリングを前倒しにし、第三、第四小隊を同時に選択するのが自然だ。
 しかし、と奈々は思った。手元にあった書類をチラりと見やる。唯一の男にして、先程の戦闘で驚くべき能力を見せ付けた桜井優。その腕を再び確認したい、と強く感じた。
 救世主。かつて、ESP能力者がはじめて実戦に投入された際、そう叫ばれた。残された最後の希望。しかし、現実は違った。ESP能力者である少女たちは非力で、臆病で、不安定な存在だった。多くの死者を出し、多額の資本を投入し、経験を重ね、そうやってやっと戦える、実用に耐えうる段階まで昇華した。そうした時代の流れを間近で見続けてきた奈々は救世主などいないことを知っていた。
 しかし、だからこそ、奈々は特異点を意識せざるをえないのだ。幾度も期待と失望を積み重ねてもなお、ずっと救世主を心の奥で望み続けている。
「第三、第四小隊……また、第一小隊第一分隊のみを投入する。なお、桜井優を当案件より第三分隊から第一分隊に異動せよ」
 電子オペレーターは少し驚いた顔をした後、急いで各個人端末へ通達を送った。その様子を背後で見ていた副官の加奈が咎めるように口を開いた。
「司令、あの、それは――」
「念の為、リソースは多く設定しているし、亡霊の個別能力は低いと予測される。彼の動きをもう一度確かめるにはちょうどいい」
 奈々の言葉に、加奈は渋々といった様子で頷いた。
「もしかしたら亡霊も司令と同じ考えなのかもしれませんね。優君の能力を再確認したいのではないでしょうか」
 奈々は何も答えなかった。代わりにコンソールを操作する。画面に映る膨大な亡霊の数を見て、ただ苦々しい顔をした。
 もしかしたら、今までの戦いは序章に過ぎなかったのかもしれない。ふと、そう思った。

「Raison d'etre」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く