政略結婚で仮面夫婦の予定だったが、破滅フラグを回避するため鬼嫁になります

森の木

第二十九話 召還





Side ローズ






 「ローズ…、ローズ!!!! 」




 しばらく待っても、ローズに襲いかかる炎はなかった。そのかわりに聞こえるのは、聞き覚えのある声。名前を呼ばれていても現実の気配がしなくて、ローズは現実を確かめようと目を開けた。
 もしかしたら、ここは天国かもしれない。目の前にいたのはローズの夫だった。黒い髪、そして白い肌。彼が傍にいる。




 「ごめん、遅くなって。ルボワと魔導装置の発動に時間がかかってしまって」


 「アルフレッド! 」


 「ドラゴン、僕は初めて見るよ。とっても恐ろしいね。ぼく一人だったら逃げ出している」


 「だめよ、帰ってちょうだい」


 「泣かないで」






 ローズは大粒の涙を流した。一人で戦って苦しかった。誰にも頼れないと思っていた。だが、今は年下の夫が傍にいることが、何よりも心強い。状況は何も変わっていないけれど、光を感じてしまう。
 アルフレッドは慌ててポケットからハンカチーフを取り出し、ローズに差し出した。
  





 「ぼくはローズに何度も勇気をもらった。だから少しでもお返ししたい」


 「そんなこと言っている場合じゃ…、でもどうやってドラゴンの炎から守ってくれたの? 」


 「これだよ」


 



 アルフレッドは透明なガラスのような球体を差し出した。そのなかは渦のように魔力が凝縮されている。さきほど放ったドラゴンが放った炎を吸引したのだろうか、強い魔力を維持したまま熱を発している。ローズはハンカチを受け取って、涙を拭いた。








 「ぼくの得意な魔導装置は変換機能。魔力の質を変えることができる。でもこれだけじゃ攻撃ができないのが難点なんだ」


 「ええ」


 「だからこの魔力の受け皿が必要なんだ。ぼくがこの魔力を吸収しても、少ししか取り込めない。ローズならこの魔力を取り込むことができる」


 「これが…? 」


 「魔力の質を変化していけば、魔力の濃度も変化する。攻撃を受ければ受けるほど、吸収する魔導装置の中の魔力濃度が高くなる。その分その力を使えるのは、魔力を使えるだけの術者の魔力の器次第になる。だからぼくの魔導装置は開発するだけでは未完成だった。でも、ローズがいれば完成する」


 「どうすればいい? 」


 「ローズの瞳、それはドラゴンの力を感じる。ローズはもう召喚しているのかもしれないよ。ドラゴンを」


 「え……」


 「ドラゴンを初めてみて、はっきりとわかった。ローズ、もう一度ドラゴンを召喚する詠唱をして。ぼくが術式を操作して、召喚エネルギーをいじってみる。そうしたらローズの左目に存在するドラゴンを呼び出せるかもしれない」


 「よくわからないけれど、やってみるわ」


 ローズは詠唱を始めた。隣にアルフレッドがいるだけで心強い。
 さきほど一人で禁術を発動させようとしたときとは全然違う。
 言葉ひとつひとつが軽い。発動させるのに必死だった自分、でも発動することが怖かった自分。だが今は違う。軽やかに、歌を口ずさむように詠唱が進む。集中力が研ぎ澄まされる。これは完全に完成された魔術だと思った。そして最後の言葉を口にする。






「母なる、始祖。龍の源、ここに召喚することを命ず! 」






 左目がぼっと火が出るような熱がやどった。アルフレッドはローズの右手に手を重ね、持っていた魔導装置をローズに持たせた。そしてアルフレッドが術式を唱え始める。
 すると球体に渦巻いていた力が、ローズの体の中に入っていく。その力はローズの体の奥の部分に浸透していき、そして素早く手の先に力が流れていく。左目の感覚はもうない。ローズは真っ赤な炎に染まるように、視界が赤くなるのを感じた。でも痛みはない。
 今までは左目が熱くなると痛みがあった。今はただ熱い。おびただしい魔力を魔導装置から感じ、自分を媒体にして魔術が発動しているのがわかる。


 炎の渦がローズたちを巻き込んだかと思えば、ふっと大きな影が見えた。


 赤いドラゴン。赤い瞳。ローズの左目はもう熱はなかった。






 「召喚……、できた」


 「うん、成功した」






 ローズたちはまだ禁術が発動した実感がなかった。しかし、目の前にいる緑のドラゴンたちが明らかにおびえている。赤いドラゴンの大きさは黒いドラゴンの数倍ある。








 『やっと、召喚できたね』




 ローズは頭の中に声がこだまするのがわかった。アルフレッドにも聞こえたみたいだ。ローズとアルフレッドは顔を見合わせる。誰が話しているのだろうか。すると赤いドラゴンがこっちを見ろと言わんばかりに、翼を動かした。




 『ひよっこども。まあ、人間の分際でここまでの力をつくり出したのはあっぱれだ。さすがはわたしが見込んだ王女だね。その旦那も…まあまあ及第点かね』


 「あなたが話しているの? 」






 ローズは赤いドラゴンを見つめた。
 ドラゴンが言葉を発する事例を聞いたことがない。だが、このドラゴンならありえるかもしれない。ドラゴンのなかでも伝説に近い存在である、ドラゴンの始祖。




 『さあ、あまり時間はないよ。あの黒いドラゴンはずっと探していたんだ。ドラゴンにもはみ出し者ってのが必ずいるんだ。人間界に干渉してはいけない、その掟をやぶる馬鹿がね』






 赤いドラゴンは大きなうなり声を上げた。
 黒いドラゴンはまっすぐ赤いドラゴンを見上げた。黒いドラゴンは威嚇するように鳴き声をあげる。大きな鳴き声が耳に響く。






 『さあ、お前達は下がっていなさい。下にアノ森の精もいるだろう?あいつは相変わらず食えないやつなんだか、精霊にしては情がある変なやつだよ』


 「「森の、精? 」」


 『いいから、お行き! 』






 ローズとアルフレッドは、赤いドラゴンに息を吹きかけられた。ぽーんと飛ばされてしまう。ローズたちは目の前の状況がまだよくわからない。だが、圧倒的に不利な状況が好転しつつあるのを感じた。ローズとアルフレッドは地上に降りて、領民の避難誘導へ向かうことにした。







「政略結婚で仮面夫婦の予定だったが、破滅フラグを回避するため鬼嫁になります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く