政略結婚で仮面夫婦の予定だったが、破滅フラグを回避するため鬼嫁になります

森の木

第二十五話 戦い   Sideアルフレッド 



Side アルフレッド




 開始のコールとともに、両者はそれぞれ術式を唱え始める。
 アルフレッドはロバートが口に出した術式を聞き、彼が繰り出すいくつかの魔術の可能性を考えた。ロバートの発している術式は、『虹』『発光』そして『爆発』といったもの。それぞれの術式は、魔力が大きく必要ではない。だが、見た目が派手であり、まさにパフォーマンス向きの魔術だ。


 アルフレッドはとなえていた術式を完成させて、ロバートの魔術を待った。






 「さあ、パフォーマンスだ!アルフレッドくんの実力を見せてくれ! 」




 ロバートは小手調べに手先に光を発生させる。そして閃光がわっと広がる。ロバートの周囲を舞う光。まさに王族としての華やかさが際立つ。そして一つの閃光が、アルフレッドに向かって走ってくる。ぶつかったら爆発してしまう。アルフレッドは、あえて今の場所から動かなかった。自分の術式が発動するかみるためだ。


 ロバートの発した閃光は、虹色に輝く光。まさに民衆達は大きな歓声をあげる。術の派手さに比べて攻撃的の威力はどうだろうか。




  「ロバート様が発した光が、アルフレッド様に襲いかかります! 」




 実況をし始めるルボワ。
 アルフレッドは光を受けた。




  「さて、どうかな? 」




 光は大きな爆裂音を発してかき消えた。アルフレッドに到達するまえに爆発したのだ。そしてその爆発も小さな閃光が走っただけで、威力なく消え去った。




  「奇妙な術だね、面白い」




 ロバートは術式を複数同時に繰り返した。こんな術を同時にいくつも飛ばすのは、さすが魔術学院出身の、王族といったところだろう。知識も実力も多分にある。




  「でも、ぼくだって」




 アルフレッドはじっとまっすぐロバートを見つめた。いくら実力がなくても、いくら知識はなくても。アルフレッドは、今日は全力で戦うと決めていた。もし戦場でロバートに出会ったら、きっと負けてしまう。でもここは、ステージの上。方法は、ほかにもある。


 ロバートが大きな虹色の閃光を発したかと思うと、複数の光がまっすぐアルフレッドを襲ってきた。ハレーションのような虹彩と、大きな光の舞いは見た者を楽しませる。


 しかしその閃光はすべて、アルフレッドの前に到達する前に、小さな光となって、消えてしまう。ほぼ無効化している。アルフレッドの行った魔術が成功しているということだ。




  「君は、難解な魔術を使うね。魔術の無効化か。どこまで耐えられるかな? 」




  ロバートは長い詠唱を始めた。
  アルフレッドはその詠唱を聞きながら、『爆発』『繰り返す』『広範囲』ということがわかった。今度は威力を増した爆発で、アルフレッドの実力を示すらしい。
 

 アルフレッドは術式を唱えた。


 そしてロバートは詠唱を終えると、両腕を前にかざした。向かう先を指さした。アルフレッドに手を向ける。




「さあ、アルフレッドくん。次はどうする? 」




 ニッと笑みをたたえたロバートは魔術を発動して、密度の高い魔力をアルフレッドに向けて放った。


  アルフレッドは立ったままだ。しかし頭ではいくつもの計算をしている。ロバートの唱えた術式、そしてこちらの使用可能な魔力。微量の計算狂いが、命取りになる。


  地面が揺れそうな大きな爆発が起こった。そしてその爆発により、アルフレッドの姿は見えなくなった。民衆は騒然とした。まともにこんな魔術を受けてしまったら、無事ではいられない。もしかしたら大けがをしたかもしれないと、観客はざわつく。


  見ていたローズも、少し心配になり旗をもつ手に力がこもる。


  爆発音のあと、アルフレッドがいた場所は煙が残る。そして煙の隙間からアルフレッドの姿が見えたかと思った瞬間、虹色の閃光がアルフレッド側から発せられた。
 それは最初にロバートが発した閃光そのものだ。


  完全に勝ったと思ったロバートは不意を突かれた。爆発音と民衆のざわめきにより、小さな閃光を察知するのが遅れてしまった。


 パン!!!と攻撃がロバートに当たった。
 ロバートは足下がふらつき、危うく床に手をつきそうになる。




  「苦し紛れの、攻撃かな?カウンターを狙ったつもりだろうけれど、それじゃ弱い! 」




 ロバートはもう一度、魔術を唱え始めた。




  「さあ、追い込むよ。多少ケガをしても、君なら防ぐだろう。地面には倒れてもらうがね」






 アルフレッドのまわりに煙が残っている。姿ははっきりとは見えない。だがロバートは容赦なく、また大きな魔力を打ち込む。


 アルフレッドがいる方向へ閃光は走って行き、また大きな爆発音が響く。




  「さあ、これで決まりだ!! 」




 ロバートは勝利を確信した。
 しかし足を踏み出した途端、ロバートは違和感があった。足がいうことをきかない。そして右足を強く引かれる感覚があると、盛大にロバートは床に転げ落ちた。そして床に手をついたのだ。




  「え、どういう?! 」


 ロバートは何が起こっているか、さっぱりわからなかった。勝手に足が動いて転んでしまった。
 審判のルボワが手を上げる。


 「ロバートさん、手をつきました。さあ、アルフレッド様は手をついているでしょうか? 」


  二度目の爆発のあと、煙からアルフレッドの姿が見えてきた。
  重ねて大きな爆発に巻き込まれたなら、きっと無事ではないだろう。倒れたものの、ロバートは勝ちを確信していた。しかし煙が消えさり、姿がはっきりと見えてきた。アルフレッドは無傷だった。服は破れているところはあったが、ほぼダメージは受けていなかった。
 

 ロバートは負けを悟った。




 「アルフレッドくんの勝ちだな」




 そしてルボワがパフォーマンスが終わったことをサインした。また笛が大きくなった。
 あっというまの出来事に、民衆は見入ってしまっていた。
 まさか温厚でおとなしい領主のアルフレッドがここまで健闘するとは、誰も思わなかっただろう。ワーッと大きな歓声が起こり、会場は熱気に包まれた。











「政略結婚で仮面夫婦の予定だったが、破滅フラグを回避するため鬼嫁になります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く