政略結婚で仮面夫婦の予定だったが、破滅フラグを回避するため鬼嫁になります

森の木

第二十四話 開始   Sideアルフレッド



Side アルフレッド










 街は朝からにぎわっている。屋敷から街の中心にある大通りまでは一本道である。この領地全体が外敵から身を守る要塞に近い役割があるので、屋敷までの通路は入り組んだ作りをしていない。


 はるか昔、ここで土地を治めた初代の領主は、民と等しき間柄を目指そうと、領民が屋敷へ来やすいように道路を整備したという。
 大規模な政策はできないし、都市部のような利便性はない土地柄だ。だが住みやすく、ゆとりをもって生きていける雰囲気がここにはある。


 アルフレッドは、両親とほかの領地を回ったことがある。それでもここ以上に良いと思う土地はなかった。自分の治める領地こそ一番であると思っている。
 一時期は、部屋に引きこもり、この地域のことを考える余裕がなかった。そう考えると、ルボワは本当に自分を支えてくれたと思う。アルフレッドは、感謝の気持ちをもてるまで、心が強くなっていることを感じられた。


 今でもふと、現実が辛くなることもある。だが今を嘆いているだけでは、何も解決しないと、ローズをから学んだ。彼女はどんなときも、今ある現状のなかで一番いい選択をしているようだ。ローズの考え方は、とても前向きであるが、とても自然で、合理的な考え方だ。


 アルフレッドは今日のパフォーマンスのために、いくつかの魔導装置をベルトに引き下げている。
 久々の外の空気に、緊張が増す。ルボワに連れられ、メイン会場に入る。街の中央にあるステージがパフォーマンスをする場所である。


 朝からいつも通り、ご飯を食べて、ローズに声をかけてもらい、パフォーマンスの用意をした。ローズはほかの地域からきている大道芸人などのパフォーマンスなども見たいと言って、ハンナを連れて出かけていった。アルフレッドは魔導装置のメンテナンスをして、自分が出演する時間ぎりぎりまで部屋にこもった。








 「アルフレッド様」




 ルボワが部屋にきて、服を用意してくれた。動きやすいように、そして多少の魔力を防げるように、術式を編み込んだ布で作った服を着る。これならば魔術の攻撃を受けても、それほど大けがにはならないだろう。






 「ステージは人集まっている? 」


 「ええ、街中の人々がアルフレッド様をみたいと。そして美しき奥様を一目見たいと集まっています。ローズ様は先日の豪雨でも大活躍でしたが、以前からハンナと出歩いて、交流をされているようです。みなさんのアイドルですよ」


 「それは、よかった」




 ローズが領民に好かれることは喜ばしいことだ。
 ローズがこの領地を気に入ってくれ、領民を好きになってくれれば、ここにとどまる理由になるかもしれない。もし自分に愛想をつかしても、ここへとどまってくれる理由が増えるなら、アルフレッドは安心できる。自信がないがゆえに、そういう卑屈なことさえ考えてしまう。でも恥などない。自分に誇れるものがないと思っているなら、どんなことをしても、ローズにここに居てほしい。積極的には行動はしなくても、そういうことならできる。アルフレッドはそういう行動力のなさは反省するが、今は手段を選んでいられない。


 まずはロバートにローズにふさわしい人間である、というのをみてもらうのが今回の目的だ。勝ちに行くつもりで作戦をたてた。もし勝てなくても、一矢を報いるつもりである。


 自分が誰かに勝ちたいと思う日がくるとは思わなかった。明らかに自分よりすぐれた点が多くあるロバート。少し前の自分なら、絶対に勝ち目のない戦いなど放棄したに違いない。でも今は違う。ローズが傍にいてくれるためにも、少しの可能性でもかけたいと思った。でもみすみす負ける必要もない。大きな差で勝つ必要もない。


 アルフレッドはいくつかのパフォーマンスを脳内でシュミレーションした。
 どうしても勝つイメージはもてないが、自分がもてる知識を集結して考え出した。


 ルボワにならってステージにオモムいたアルフレッド。
 そこにはマントをしたロバートが立っていた。








 「僭越センエツながら、わたくしが今日のメインイベントの司会進行をいたします。ルボワと申します。」






 そして両者がステージの中央に立ったかと思えば、今まで司会をしていた人がルボワとバトンタッチした。このパフォーマンスの司会進行ならびに審判など引き受けるルボワ。身内びいきになってしまわないかと思ったが、どのパフォーマンスがいいかは民衆を見れば一目瞭然だ。あくまで戦いではなく、領民に楽しんでもらう場所なのである。






 「今日のアルフレッド様は、寝不足気味のようです。ですが朝ご飯をおかわりしましたので体力・気力ともにみなぎっております。ロバート様はいかがですか? 」


 「やあ、皆さん。ごきげんいかがですか?わたしはここの領主の妻であるローズ様の友人、ロバートです。何かの縁もあり、この場でパフォーマンスさせてもらいますが、楽しみたいですね。調子はまずまずですよ。ちょうどいいくらいですね」






 ロバートの様子はごくごく普通であった。誰かにコントロールされている気配は今のところ見受けられない。もし何かあってもルボワが観客席を守ってくれるだろう。そのための司会をしているのだと思われる。ローズも一番よい席で、この様子を見守ってくれている。






 「ロバート様も好調ということで、期待できますね。さて今回のパフォーマンスはいくつかのルールがございます。採点方式がありますので、よくお聞き下さい。まずは、観客の皆様に赤い紙と白い紙を渡しています。赤い紙はアルフレッド様、そして白い紙はロバート様の紙です。よかった方を上げてしてください。そして皆様の票に加算して、妻であるローズ様がよかったと思った方へ投票していただきます。ローズ様の票はボーナス点です。何票をいれるかは、ローズ様にお任せいたします」


 ローズの方を見れば、気に入ったほうの旗をあげるというもので、今は赤と白の旗を両手にもっている。楽しそうである。






 「そしてパフォーマンスですが、お互いの魔力の対決が今回のテーマとなります。お互い倒れるまで、魔力のぶつけあってください。しかしケガをさせたり、それ以上のことになりましたら失格です。どちらかが地面に手をついた時点で負けとなります。しかし、あくまで負けは形式的なことで、どちらのパフォーマンスがよかったか、という基準で判定してください」


 単純な勝ち負けではないところが、この勝負の勝機だとアルフレッドは考えていた。いかに楽しんでもらえるか。それはアルフレッドが考える魔導装置においての、信念と似ているところがある。魔導装置とは本来、人を助け、人の暮らしを便利にするもの。危害を加え、人の暮らしを破壊するためのものではない。だから両親は扱い方を十分に気をつけていた。


 お金儲けに走らず、みんなのために使うこと。それがアルフレッドの魔導装置への信念である。


 両者がステージの中央にたち、身を構えた。それぞれにパフォーマンスの開始をまつ。






「さあ、はじまります! 」






 ルボワがコールをすると、大きな笛の音がした。パフォーマンスが開始された。







「政略結婚で仮面夫婦の予定だったが、破滅フラグを回避するため鬼嫁になります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く