政略結婚で仮面夫婦の予定だったが、破滅フラグを回避するため鬼嫁になります

森の木

第十二話  涙    Sideアルフレッド

 
Sideアルフレッド








 「アルフレッド、おはよう」




 図書室で本を読んでいたらしい、ローズ。ローズの姿は、初めて出会ったときは艶やかなドレスだったが、次の日からは質素な普段着になった。もともと着飾るのがそれほど好きではないみたいで、図書室で作業をしながら本を読むには、ドレスでは裾が邪魔だと言っていたそうだ。だが、アルフレッドはどちらでもよかった。綺麗にメイクをして、セクシーなドレスを着ていても魅力的であるが、素の姿で普段着を着ているローズもまた違った美しさであるからだ。一緒にいて落ち着くのは、後者だ。心の中では彼女を褒めることができるのに、口に出しては気の利いたことなど言えない。アルフレッドはただ立ちすくむだけだ。






 「おはよう」


 挨拶だけは返すが、何も言えないでいるとローズは本を棚に戻した。それからメイドのハンナがローズの後ろに控えて、彼女と一緒に中庭へ行くことになった。


 「アルフレッド様、今朝は朝食を食べました? 」


 「食べた」


 「いいですね。これから少し歩くので、お腹が減ってしまっては動けなくなってしまいます。水分補給もしっかりして。今日はいいお天気になりそうだから」






 ローズはアルフレッドとともに歩いて、何気ない会話をする。アルフレッドはローズが会話の主導権をとってくれるので、基本的に答えるだけでいい。ローズは賢い人であるのか、話題が尽きると話を振ってくれる。さりげなく、そして話が弾むようにしてくれる。アルフレッドとしても、女性だから話を振らなくてはいけないなど、極度の緊張を強いられなくて済むので気が楽だった。もし、会話が途切れても、ローズは自由であり、外の風景を眺めて楽しそうであり、いつも自然体だ。アルフレッドに期待をしていることはないようで、いつも楽しそうにしていて、食事をしているときも、美味しそうに食事をとる。




 アルフレッドはそんな彼女との時間が、温かく感じるときがある。


 「ローズ様、これをお使いください」


 ハンナが日傘をローズに渡した。白い日傘である。これは生前、母が使っていたものだ。今のローズの装いで散歩をすることは、両親がいて、穏やかな時間を過ごしていたときの光景を思い出させる。もちろんローズはそのことは知らないだろう。母も夜会など以外では、着飾ることはなかった。父と一緒に魔導装置の研究をしていたので、作業をするために普段着で過ごすことが多かったのだ。






 アルフレッドは、日傘を差すローズを見た。


 ローズは日差しが強くなっている空を眺めながら、少しだけ伸びをした。さらさらと下ろしている髪の毛が、風になびく。
 アルフレッドの視線に気がついたローズは、何かあるのかと首を傾げた。アルフレッドは恥ずかしくなり、視線を外す。
 そのままローズとアルフレッドは、中庭を二人で歩いた。ただアルフレッドは、久々の外だったので、日差しを浴びるだけでも体が疲れ切ってしまった。そもそも着替えをして、部屋から出たので精一杯だったのだ。ダラダラと額から汗が落ちてくる。それを見計らって、ローズはタオルを差し出した。ルボワから渡されたのだろう。アルフレッドはタオルを受け取る。


 「ありがとう」


 「どういたしまして。少しベンチに座りましょうか? 」






 中庭は、ルボワが屋敷で一番気にかけている場所である。特にバラにはこだわりがあるルボワは、お気に入りの庭師がいて、その庭師一家を雇っている。中庭はにはたくさんのバラが咲いている。赤いバラ、そしてピンクのバラ、黄色のバラ、青いバラ、白いバラもある。


 ローズは中庭中央にある、噴水の近くのベンチに腰をおろした。アルフレッドも疲れてしまったので、やっとの思いでベンチにたどり着く。そして汗を拭く。






 「久々の外は、結構体に堪えるでしょう? 」


 「こんなに体力が落ちていると思わなかった」


 「部屋のなかにいるとどうしても、動かなくなります。でも、朝起きて、夜寝るのを繰り返していると、体も慣れてくるかな………」


 「そう」




 さーっと風が頬を通り過ぎていく。緑のにおいがする。アルフレッドはタオルで汗をぬぐうが、これほど汗をかいたのもどのくらいぶりだろう。最初はべたべたした汗だったが、今は汗をかきすぎたのか、サラサラした汗だ。なんだか心地がいい。最初はまぶしくて、視界にさし込むような光も、今は慣れてきて、風も光も気持ちよく感じられるようになった。今までは外が怖いものだと思っていたが、今日はそれほど怖くない。






 「少し休んだら、また屋敷にもどりましょう。そしてゆっくりお茶を飲んで」


 「わかった」




 訓練をすると言っていたから、厳しいことをやらされるのかと思っていた。しかしそんなことはなく、ただ散歩をするだけだった。ただ歩くだけなのだが、行動をしてみるとしんどいことがわかった。外に出ないだけで、こんなにも極端に体力が落ちることを思い知った。




 「ローズは、部屋に閉じこもっていたって言っていたけれど」




 アルフレッドは、どうにもローズのフォローが的確で、自分に心地よかったのが不思議だった。もちろん相性もあるのかもしれないが、それだけではなかった。ローズは知っている。引きこもるということがどんなことなのかを。




 「ええ、わたしも外に出るのが怖くなってしまった時期があるので。わたしが王都でなんと呼ばれているか知っています? 」


 「ローズ王女は……、第二王女はたいそう優秀な人であると。本人を目の前に言いづらいけど、ドラゴンを倒す大女で。怖い人だと聞いたことがある、かな? 」


 「噂なんて尾ひれがつくから。ええ、まあまあそんなところでしょう。優秀かはわからないけれど、大女とか馬鹿力とかね。ドラゴンを素手で倒したなんていう噂も聞いたことが」


 「それは、さすがに物理的に無理だと思うけれど。ドラゴンキラーとか紅い瞳ドラゴンルビーの話は、なんとなくだけ」




 アルフレッドはローズと話をすることに慣れてきたのか、言葉が多くなってきた。最初は言葉も発することが難しく、言葉がつまったり、表情がこわばったりしていた。しかし外に出て、ローズと一緒にいる時間になれてくると、昔に戻った気がする。自分が普通に話して、普通に暮らしていた日々を思い出す。遠くなってしまった、普通の日々。




 「ドラゴンを倒したのは事実。左目も赤く光るでしょう?だから紅い瞳ドラゴンルビーと言われています。これはドラゴンを倒した時の、後遺症みたいなもので。実は禁術を使ってしまったのです」


 「禁術?ぼくも禁術は詳しくないから理解できない点もあるけれど。後遺症があるっていうのは初めて聞いた」


 「はい、わたしもそうでした。禁術が発動した条件も、偶然のものですから。代償があることさえわからなくて」




 「そもそも禁術ってものが、存在するのかもぼくにはわからない」


 「え、それはどういうこと? 」






 アルフレッドは考え込んでしまう。いろんな術式が頭に浮かび上がる。


 アルフレッドは膨大な術式が頭に入っている。図書室にあるものはほとんど頭に入っているが、ローズには見せていない書庫も多くあり、そのなかの本も読み込んでいる。アルフレッドの両親が残した知識の宝庫。




 「魔術というものが、禁術みたいなところがあるから」


 「この世界の人はほとんど魔力をもつでしょう?持たない人からすれば、確かに禁術みたいなものですけれど」


 「そう、この世界ではってこと。ローズ、火を出してみて」


 「ここで? 」


 「ここは、庭だから屋敷の結界に触れることはない。判定が甘くなるはず」


 「やはり、屋敷には結界が」


 ローズは術式を空に描きながら、火を呼び起こす詠唱を行う。
 そして手の上に火の玉を浮かばせ、アルフレッドに向き直る。それをアルフレッドは観察しながら、術式を巡らせる。






 「さすがはローズだ。いくつかの術式を同時に発動している。ぼくには絶対できない芸当だ」


 「そう、なのですか? 」


 「ローズは無意識かもしれないけれど、今使っている魔術は、火の玉を宙に浮かせる。それは単に火を出すだけの魔力では足りない。魔術容量が並の人が発動したら、火の玉の維持だけで魔力が枯渇する」


 「わかりません。わたしは、魔術書にあった通りの詠唱を唱えているだけです」


 「魔術には術式があり、ある一定の法則がある。術式によって、魔力消費の大小が変化する。魔術は術式を介して、物質の召喚をしていることに過ぎないから」




 「どういうことでしょうか? 」


 「魔力を使って、その対価として詠唱通りのものを召喚しているということ。今、ローズが唱えた魔術には、『火』『発生』と、『宙に浮かぶ』、『形状を維持する』といったいくつかの術式が入っていた」


 「え……」


 「うん、あまり知られてないことだから。ぼくもうまく説明できないけれど。術式さえ正しければ、その術に見合った魔力があれば、何でもできるはず。そう考えると禁術という考え方が、難しくなる」


 「でも、確かに禁術はあると。いくつもの書で見ました」


 「魔力を膨大に消費して、術式としては成り立つけど、発動はできないものも多くあると思う。だからローズの使った禁術の術式さえみれば、ある程度どんな術がわかると思う」


 「ごめんなさい、わたし記憶がない」




 久々に頭をフル回転してアルフレッドは話した。こうして楽しいという感情をもったのはどれだけ久しいだろう。こんな話をしても、ほとんどの人はアルフレッドの頭がおかしいと言うだけだ。通じるのは、アルフレッドの両親だけだった。こうやって両親の研究室で、魔術書を見ながら、両親といろんな話をした。両親はいつも楽しそうにアルフレッドの話を聞いてくれ、くだらない話も真剣に聞いてくれた。否定をしなかった。だからアルフレッドは両親のような立派な技術者になりたい、と思っていた。この熱い気持ちはなんだろう。






 「後遺症?」


 「ええ、実は術を使ってからのしばらくは気を失っていて。目が覚めても、日常生活をおくるのは困難でした。体がいうことがきかなくなってしまったの。違和感がひどくて、だるいしで。外にでるにも、学院の人達が協力をしてくれて、どうにか元の生活に戻れました」


 「それほど? 」


 「ええ、体のダメージも大きかったのもあるけれど。心のダメージも大きくて。ドラゴンの襲来でチームメイトが大きな傷をおったのを見てしまったから」


 「チームの人は? 」


 「学院を辞めていった人もいて、今でも体が不自由な人もいます」


 「そっか……」




 ドラゴンを倒し、ドラゴンキラーと呼ばれるローズでさえ、大きなダメージを受けて回復までに多大な時間を要したということだ。どんなに強い人でさえ、ショックなことがあれば、立ち直れないし、人の見えないところで傷つく。だがその中でも必死に立ち上がっていくことを、アルフレッドは彼女を目の前に感じることができた。








 「ぼくなんか、全然だめだ」


 「そんなことない。アルフレッド様は才能があり、聡明です。わたしこそ、噂だけ。たまたま魔力容量が大きいだけだし、ドラゴンだって偶然倒せた。本当に強い人だったら、誰も傷つかず助けることができたかもしれないのに」


 「それは違う、ローズは一生懸命やった。普通の人だったらドラゴン前で何もできない。怖くて…」


 「でも、アルフレッド様のような知識があって。もっと、もっと力があれば! 」


 「ぼくだってローズのように魔力があれば、父様や母様たちを助けられたかもしれないのに!!! 」




 お互いの感情が爆発しそうになる。感情があふれて、涙がこぼれそうになる。ローズはいつもは冷静で、正しいことを言っているように思えるのに、本当は迷うことも、嘆いて、苦しいこともあるのだと思った。
 心に蓋をしていた感情で胸が痛い。あのとき、ああしていれば、こうしていれば。そういったどうにもならない感情が、自分を深く責め立てる。そしてローズとアルフレッドは、互いに涙をこぼした。どうにもならない過去を悔いて、責めて、自分を否定する。


 しかしそれを共有できる人がいて、泣くことができた。アルフレッドは、両親の死後、初めて両親を思って泣くことができた。今まで感情は止まったままだったのかもしれない。泣き出すと、張り裂けそうな気持ちを発散させた。自分は悲しかったと、苦しかったと言うことができた。こうやって深い部分にあった感情を外に出すことを、アルフレッドはローズから教わった。





「政略結婚で仮面夫婦の予定だったが、破滅フラグを回避するため鬼嫁になります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く