政略結婚で仮面夫婦の予定だったが、破滅フラグを回避するため鬼嫁になります

森の木

第十三話  想起   Sideアルフレッド



 Sideアルフレッド






 アルフレッドは泣いて、自分の気持ちを爆発させた。そしてしばらくその場所にいた。隣にいるローズもアルフレッドみたく声をあげていることはなかったが、同じく涙しているようだった。。
 アルフレッドは、恥も外聞もなく、今はただ泣いていた。しばらくすると我に返り恥ずかしくなった。ローズにはいいところを一つも見せていないことに気がつく。


 そもそもずっと部屋に引きこもっていたし、初対面のときは、ローズに馬乗りになってしまうし、髪は洗ってもらうし、髪は切ってもらう。そして少し庭を歩いただけで、息を乱し、あげくの果てには、情けなく泣く姿を見せた。だが、ローズはアルフレッドを蔑むことも、かわいそうと同情することもなかった。ただあるがままに、まっすぐにアルフレッドに声をかけ、接してくれる。それがとても心地よかった。


 ローズから渡された、汗をふくタオルで涙をぬぐって、ちらりとローズを盗み見た。ローズはもう泣いていることはないようで、目元はわずかに赤みがあったが、中庭を眺めていた。彼女はアルフレッドの視線に気がついて、視線のする方へ顔を向けた。真っ直ぐ見られると、恥ずかしくなる。ローズを近くで見ると、とても美しい。最初に見たときよりも、毎日美しくなっていくように見える。たぶん、これはアルフレッドの気持ちの変化もあるのだろう。






 「アルフレッド様、もう少し歩きましょうか」


 「ローズ」


 アルフレッドはローズに声をかけた。


 「はい、なんでしょう」


 「敬語じゃなくていい、名前も様はつけなくていい」






 アルフレッドは、ローズが少し話しにくそうだったのに気がついていた。ローズは初対面ではため口になったが、次に会ったときは、夫に対する敬意も含めて、丁寧な言葉に戻していた。しかし、アルフレッドはローズに丁寧に扱われるほどたいした夫でもなければ、たいした人間でもない。


 それに、今は家族のようなあたたかさが心地よく、気軽に接してほしかった。




 「気がついていましたか。じゃあ、敬語もなしにして。アルフレッド、ありがとう」




 アルフレッドの細かな気遣いにローズはにっこりと微笑んだ。美女が微笑むと、凶器にも匹敵する。自分の心臓に悪い。キラキラとまばゆい光を帯びたような、その微笑みに、恥ずかしさは増して、目をそらすアルフレッド。ローズはその様子をただの挙動不審の人としか思わないようで、気にすることはなく言葉を続ける。






 「明日から、少しずつ歩く距離を長くしましょう。わたし市場で一緒に買い物をしたいの。アルフレッドは市場に行ったことはある? 」


 「昔はある。母様が父様にご飯を作ることもあったから、材料を見にいったよ。母様のスープはとても美味しかった」


 「お母様のお料理!いいわね、わたしの母は全然お料理はしないから。少しうらやましい」


 「ローズのお母さんは、王太子妃だから仕方ないよ」


 「まあ、王族ジョークみたいな話よね。王族で料理をする人は少ないもの」


 「ローズは、いろんなことができてすごいと思う」


 「魔術学院ではいろんなことを学ぶから。わたしスープは得意よ?アルフレッドの好きな味があったら今度作ってみようかな? 」


 「うん」


 ベンチから立ち上がり、また少し歩き出す。アルフレッドも立ち上がり、足を踏み出す。




 「今日は、冷たいスープを作ると料理長が言っていたわ。あと、今日は貴重な鳥の肉がとれたらしいの。この季節は身が引き締まっていて、脂ものっていて、とっても美味しいとルボワも言っていたわ。夕食が楽しみね」


 「うん」






 ローズが美味しいというと、食事が美味しく感じる気がする。両親がいなくなってから、食事はずっと一人で食べていた。だからいつのまにか、美味しいと思う食事がなくなってしまった。でもローズとご飯を食べると、食べ物が美味しい物であることを思い出す。自分が何を好きで、何が嫌いだったかを思い出してきた。自分がどんな人間で、どんな性格であったかすら忘れそうになっていた。ローズと一緒の時間を過ごしていると、自分が生きているということを思い出す。




 「ぼくは鶏肉が好きで、特に父様が鳥を油で揚げたものが好きだった。前に、家族で旅行へ行ったとき、食べたんだ。とっても美味しくて、帰ってきたら父様が真似をして作ってくれた。少し味は違う物だったけれど、美味しかった」


 「とっても美味しそう」


 「うんとても。旅行先で、演劇をみたり、音楽会へ行ったり。夢のような時間だった」


 「アルフレッドの部屋にあった魔導装置に、女の子がうつっていたでしょう?それって演劇に出ている人気のスターだったわよね」


 「ローズも知っているの? 」


 「ええ、遠征に行った先でね。演劇好きな友人に連れられて見に行ったわ」


 「ぼくの父も母も、演劇が好きだった。音楽も好きだった。父も母も政略結婚だったけれど、趣味が同じで、一緒に研究したり、料理をしたり、旅行をして。ぼくのあこがれだったんだ」


 「素敵なご夫婦ね」


 「もう一度、演劇をみて、スターを見たい。もしよかったら、ローズも一緒に行かない? 」


 「ええ、喜んで。いつか一緒に旅行へ行けたらいいわ。それを目標に、体力つけたらいいわね」


 「うん」








 ローズはアルフレッドをやる気にさせる言葉をよく知っている。アルフレッドは、自分が生きた屍だと思っていた日常が、少しずつ変化しているのを感じている。明日も生きていいかもしれない、一週間後も生きてもいいかもしれない。


 明日のことを考えるのが苦痛であった日々が、明るくなってきた。体調もよくなってきたし、体力もつけている。




 ローズに連れられながら、中庭をもう二回ほど歩いてから、屋敷に入って休むことにした。
 その日は、散歩中に話題になった通り、鶏肉のソテーだった。ハーブがきいていて、香りもよく味わい深い。そして身がしまっていて、そして脂がのっていてうまみもあった。ローズと一緒に会食をしながら、あっと言う間に時間は過ぎてしまった。


 体も動かし、きちんと汗を湯で流し、就寝することになった。その日は体の疲れもあって、早々に熟睡してしまった。久々に深く眠れた気がした。







「政略結婚で仮面夫婦の予定だったが、破滅フラグを回避するため鬼嫁になります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く