話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

先生転生~魔法の言葉は金平糖~

ぽん

虎になるのはあり得ない

チョークが落ちた。

カツンッと音を立てて。

そして粉々に割れて床に模様を作ったのだ。



それは蝉の大合唱が耳障りな夏のある昼下がり。

空調が効いた2年1組の教室では6時間目の最後の授業である現代文が行われていた。

「つまり、李徴は自身の尊大な羞恥心で虎になった。ってことだ」

昼食後ということもあり、教室は静まり返っていた。
否、死者多数であった。

「…まぁ、虎に変身するあり得ねぇ話読まされて、こんな下らねぇ教師の授業聞くに耐えないのはわかるけどな?」

現代文の担当教師、中里はヤクザも黙る強面を呆れ気味に歪ませた。

「おい。寝てる奴等起きろ!」

中里ヤクザの怒号にほとんどの生徒が飛び起き、寝てなどいないとばかりに姿勢を正して板書を一斉に始める。

中里はふ、と息を吐き出して、黒板に向かうこと5分。

聞こえてしまったのだ。

いびきが。

無言で振り向いた彼の表情といったらもう。

彼は蛇に睨まれた蛙のようになっている生徒には目もくれず、窓際の最後尾で気持ち良さそうに寝ている男子生徒に目を止めた。

さらに不運なことにはその生徒、中里率いる野球部の部長にしてエースだったのだ…!

中里の怒りは然り、クラスメイトの心中の恨みもまた然り。

かくして中里は、チョークを掲げた。

何をするかって?

撃ち抜くのだ。

授業中に一度ならず二度までも!居眠りこいてあまつさえ、いびきという騒音を発する馬鹿野郎に愛の弾丸チョークをお見舞いしてやるのだ!

「周りの奴等、中っちまったら悪いな」

前置きよし。

いざ…!



チョークが落ちた。

カツンッと音を立てて。

そして粉々に割れて床に模様を作ったのだ。

模様が出来たのは彼の足元だった。

いや正確には、彼がつい一瞬前まで立っていた・・・・・・・・・・・・足元と表現すべきだろう。

刹那の出来事だった。

それくらい呆気なく、跡形もなく、中里が、




消え失せた。

「先生転生~魔法の言葉は金平糖~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く