誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~

平尾正和/ほーち

4-20 攻略の再開と問題

「魔術士ギルドに行くけど、デルフィはどうする?」
「しらない! 勝手にすれば!?」

 まだお怒りのようなので、ギルドの寝台にこもったデルフィを置いて、俺は魔術師ギルドへ向かった。

「ショウスケちゃんごぶさたねぇ。魔石集め、がんばってくれてるみたいじゃない」

 いつものようにハリエットさんの魅惑の谷間に見とれつつ、魔術士ランクをDに上げ、10,000Gに増えたローン枠を駆使して《炎》《氷》《雷》《魔》の《纏剣》と、《魔斬飛剣》《魔突飛剣》を習得した。

 そういえば、ヘクターはまだ行方不明のままらしく、ハリエットさんは以前に増してお疲れ気味のようだった。
 なにか陰湿なストーカー行為を、受けているのかもしれないなぁ。
 ハリエットさんから助けを求められたら、無論動くつもりではあるが、本人がなにも言わないのに、根掘り葉掘り訊くのはどうかと思ったので、しばらくは様子見かな。

**********

「あの、さっきはごめんね?」
「べつに、怒ってないわよ」

 その夜、夜行馬車でダンジョンへ向かうため、デルフィを迎えに行くと、ひと眠りして落ち着いたのか、案外機嫌はよかった。
 そんなわけで、彼女と一緒に再びエムゼタシンテ・ダンジョンへ向かう。
 ローンが増えたので働かないとね。
 あと、レンタル防具のグレードも、一気に青銅からミスリルコーテッドの鋼に上げたので、そのぶんのレンタル料だってバカにならない。
 そうそう、デルフィは以前使っていた宿を、前回ダンジョンへ向かう前に引き払っていたらしい。
 しばらくはダンジョン探索に集中するつもりだそうな。

**********

 到着直後から、ダンジョン探索に励む。
 ダンジョン直通の夜行馬車は、スレイプニルタイプじゃない通常の馬車だったが、適度な揺れがむしろ眠りを誘ってくれた。
 少々高かったが、ちょっとした疲労回復機能のあるフルフラットシートを取ったので、移動の疲れはほとんどなかった。

 ダンジョン11~20階層は迷路ゾーンとなっている。
 ミノタウロスのいた迷路施設が、階層全体に広がっている感じだな。

 探索中、順調にSPを稼いでいた俺は〈気配察知〉〈魔力感知〉〈気配隠匿〉のスキルレベルを適宜上げていき、できるだけこちらが先制攻撃を仕掛けられるように努めた。
 ふたりパーティーだと、ちょっとした油断が全滅につながりそうだからな。

 ちなみに、上記の不意打ち御用達スキル三種については、デルフィもかなり高いレベルを誇っているようだった。
 さすが森の人。

 そんな感じで5日かけて20階層を攻略。
 ローンの返済も終わり、それなりの貯えもできた。
 レベルやスキルも、順調に上がっている。
 俺と合わせて、デルフィもどんどん強くなってるみたいだ。
 20階層を攻略した翌日がちょうど無曜日だったので、休日とすることにした。

**********

「なにぃ? ショウスケお前、あの嬢ちゃんと何もねぇのか?」
「何もないも何も、ただのパーティーメンバーですし」
「いやいや、そうかもしれんが、それでもふたりっきりでダンジョン探索してたら、そういう雰囲気になることもあるだろ? ダンジョンで野営したりするととくによぉ」

 20階層を攻略した日の夜、ミノタウロスの斧を売ったときから、ずっとエムゼタシンテ・ダンジョンにいるガンドルフォさんと、俺は屋台で飲んでいた。
 確かに、ガンドルフォさんの言っていることも分かる。

 Dランクにあがったことで、11階層攻略時の規制解除後、一気に20階層までの規制がなくなったので、効率を考えると、ダンジョン内で寝泊まりしたほうがいいのは明らかだ。
 規制があれば、階層ボス攻略後の帰還転移があるが、そうでなければ浅層への転移陣を探して1階層ずつ戻るか、100G払って帰還玉を使わなければ、ダンジョンを出られない。
 毎日100G払うのはもったいないってんで、野営の準備をしてダンジョンに潜ったのだが、最初の野営でテントを張ったあと、隣でデルフィの寝息が聞こえてきたとき、俺の理性は危うく吹き飛ぶところだった。

 とりあえず般若心経のエア写経で、なんとか湧き上がる青春を沈めていると、〈精神耐性〉レベルはすぐLv3にアップした。
 さらにSPを使ってLv5にし、ようやくひと晩耐え切った俺は、帰還玉代を俺が持つことにして、毎晩宿へ戻ることを提案した。

「ま、まぁ……ショウスケ的にそのほうがいいんなら、それでもいいけど……」

 その提案に対して、デルフィはどこか不満げに見えたのは、気のせいだろうか。

「誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く