誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~

平尾正和/ほーち

2-8 魔術の習得

「じゃ、ショウスケちゃんのご希望は、生活魔術ってことでいいのね?」
「はい、お願いします」

 基礎魔道講座を終えた俺は、再び受付に戻って、ハリエットさんの前に座っていた。
 さっきのヘクターって人はもういなかったけど、ハリエットさん、なんかお疲れ気味だな。

 ここで習得できる、魔術の料金一覧見てるんだけど、高ぇな、おい。
 一番安いのでも200Gだぜ?
 待望の《浄化》は一番グレードの低い《下級浄化》で5,000Gだってよ!! 手が出ねぇよ!!

「おすすめは『冒険者基本パック』ね。《灯火》《点火》《加熱》《冷却》《乾燥》《製水》《止血》《収納》の8点セットで、なんとお値段1,000Gなのよ」

 おお、個別に全部習得すると、3,000G近くになるのに、すげーな!!

「あー、でも《下級浄化》は……?」
「《下級浄化》は……さすがに、ねぇ……? でも、単品で1,000Gの《収納》がタダ同然で習得できるのは、お得よ?」
「ふむう……確かに。でもここで習得できる《収納》って、どれくらいの収納力があるんです?」
「それは、ショウスケちゃんの甲斐性次第ねぇ」
「甲斐性?」
「そうよぉ。どれくらいの収納庫を借りるか次第だもの」

 え? どゆこと?

「あら、よくわかってないみたいね。《収納》っていうのはね、契約した収納庫からものを出し入れする魔術なのよ。だから、安いものだとトランクひとつぶんくらいだし、高ければ物置まるごとっていうのもあるわね。ほかにも、温度管理や時間経過管理なんてオプションもあるわよ」

 なんだってーーー!?
 《収納》って、亜空間みたいなところに、物を置いておく魔術じゃなかったのか!!
 ……まぁ、でもこれはこれで便利か。

「はいこれ。ギルド提携の収納屋さん」

 そういってハリエットさんは、一枚の紙をくれた。
 簡単な地図が載っている、広告みたいなものだった。
 多分ここから、キックバックとかがあるんだろうな。
 だから《収納》が、タダ同然で習得できるんだろう。


「えーっと、それで相談なんですけど……」
「なぁに?」
「分割後払いでも、いいでしょうか?」
「もっちろん! ショウスケちゃんは信用あるからねぇ」

 コツコツと薬草採取で、信用を積み上げておいてよかったぜ!

「じゃあ! ついでに《下級浄化》も分割で……」
「それはダメ! Fランク魔術師のローン上限は、1,000Gまでなのよぉ」

 ぐぬぬ……、結局のところ俺個人への信用じゃなく、ギルドランクへの信用じゃんか。

「じゃあ、とりあえず『冒険者基本パック』お願いします」

 カードを渡してローンの手続きを済ませると、俺はそのままハリエットさんに連れられて、今度は20畳くらいの部屋に行った。

 部屋の中は薄暗く、壁に何本か蝋燭が立っている。
 ハリエットさんがなにかつぶやくと、蝋燭に火が付き、少しだけ明るくなった。 
 部屋の床を見ると、魔法陣っぽいのが大きく描かれているのがわかった。

「じゃ、えーっと、これと、これと、これと……」

 ハリエットさんはなにか分厚い本のようなものを手に取り、1枚ずつページを破り取っていった。

「……はい、これで全部ね。じゃあこれを持って、魔法陣の中央に立って」

 8枚の紙を渡された俺は、ハリエットさんの指示に従い、魔法陣の中央に立つ。

「じゃ、リラックスしてね」

 ハリエットさんは俺に向かって手をかざし、なにかを念じ始めた。

「うおっ!?」

 しばらくすると、手に持っていた紙が1枚、灰のようにボロボロと崩れ、消え去ってしまった。
 その後も1枚、また1枚と紙は消えていき、8枚全て消えた。

《スキル習得》
〈生活魔術〉

《魔術習得》
《灯火》《点火》《加熱》《冷却》《乾燥》《製水》《止血》《収納》

「はい、おしまい。お疲れ様でした」

 えらいアッサリしたもんだな……。

「ありがとうございます」
「じゃあ今度は訓練場に行きましょうか。ちゃんと使いこなせるか確認しないとね」

 魔術が使えるかどうかの確認までしてもらえるとは、なかなかサービスが行き届いているな、魔術士ギルド。

「誰にでもできる異世界救済 ~【トライ&エラー】と【ステータス】でニートの君も今日から勇者だ!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く