転生! 悪役令息達の異世界奮闘記

御隠居村長

訓練

 魔法本を読んだあと、俺は父親のところに行く。

 なんでか??? 

 呼ばれたからだけど!



「お!来たか!アクア。どうせ、伝説の魔法本なんて、読めなかっただろ!」 

「いえ、読めましたよ!」

「ふ!べつに強がる必用などない!」

 いや、本当に読めたんだが、、、

 まあ、いいや。



「父上。どのようなご用でしょうか?」

「えっとな。お前専用の警備員が決まってな。この人だ。自己紹介して。」

 もう決まったのか?!

 父さん、仕事早いな!

「私は、ケインといいます。よろしくお願いします。」

 ケインさんか。

 二十代かな?

「よろしくね。ケインさん。」

「よろしくお願いします。アクア様。」



「では、午後からトレーニングを始めましょう。」

 そういって、俺達は退室する。



 そのあと、昼ご飯を食べてこの屋敷を出る。



「アクア様。まずは、準備体操をして、そのあと走りましょう。」

と、ケインさんが、いってくる。



 ていうか、俺って別にケインさんではなく、ケインでもいいのかな?

 俺貴族だし。 

 呼び捨てでいいや。めんどくさいから。



 そして、準備体操が終わり。

 走る。結構きついな。

 体が、なまっている。

 でも、まだ5歳。

 王立第一学園に入学するまで、まだまだ時間がたくさんある。

 大丈夫だよね。。。

 うん。大丈夫だよ!







 今日は、もう疲れたし、、、明日からは、がんばろう。

「転生! 悪役令息達の異世界奮闘記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く