転生! 悪役令息達の異世界奮闘記

御隠居村長

メイドとの会話

「アクア様。大丈夫ですか??」

 誰だこいつ?

 金髪の女性に知り合いは、いなかった。

 それにメイドなど、雇っていなかった。

 あと、アクアって誰だよ!

 そっか、俺は転生したんだっけ!

 忘れていましたよ。先輩!

「すまないが、俺のことについて、教えてくれないか?」
と、俺は言う。

「なんか、大人っぽくなりましたね。」
といわれながら、いろいろなことを、教えてくれた。



 このメイドかなり天然だな。

 いや、天然というよりこのメイド阿保なのかもしれない。

 普通、「なんで、そんなこと聞くんですか?」と言うだろうに。



 まあいいや。

 わかったことを発表します。





 ここは、ワーク王国。

 で、俺はワーク王国の南部でそこそこの力を持つグラフィック伯爵家の長男に生まれた。 

 一つ年下(四歳)の妹が、いるらしい。

 俺は、今5歳で十二歳になったら王立第一学園に入るらしい。

 どうでもいいけど俺は、五日間寝込んでいたらしい。 

 今は5歳。つまり、ゲームが始まる準備期間が七年もあるということだ。





 それでは、乙女ゲームの話を少ししようではないか。



 この話は、平民であるヒロインが、悪役キャラ(俺達とか悪役令嬢とか)に邪魔されながら攻略キャラを攻略していく。

 そして、ある日、魔王が攻めてきて、ヒロインが《伝説の魔法本》というのを愛の力というわけのわからないもので読み、魔王を倒し、攻略したキャラと幸せに生きていくというお話(ハッピーエンドの場合)。

 そのヒロインというのは、かなりの美少女で学園のSクラスに平民で初めて入った人らしい。



 で、俺達転生者四人組は、ヒロインと攻略キャラの恋を邪魔するキャラクター。

俗にいう悪役キャラである。

 そして、ヒロインと攻略したキャラ達で魔王を無事倒すことができたら、第一王子(第二王子の双子の兄)によって死刑にされるという、何とも(俺達にとって)悲しい話。

 まあ、それは絶対に回避するんだけどね。



 で、俺は、ちょっとぽっちゃり体型だ。

 これでは、可愛い婚約者をゲットできない!

 明日からトレーニングをして、痩せよう。

 そして、勉強にも励もう。

 絶対に死刑という運命をさけようではないか。



 よし!!!

 明日から、頑張ろう!

「転生! 悪役令息達の異世界奮闘記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く