転生! 悪役令息達の異世界奮闘記

御隠居村長

女神との出会い。そして、転生

女神?

「貴方達は、【学園身分差恋愛物語】の世界の悪役キャラに転生してもらいます。」

 【学園身分差恋愛物語】って、妹がやっていたゲームじゃん!

 そして、俺以外の三人もそれぞれの姉又は、妹にやらされていたやつだ。

 ていうか、どうしてこうなった。







《数分?前》

 俺達四人組は、しゃべりながら帰っていた。

 俺の他の三人は、天才。

 で、俺は一般人の中で優秀な方だと、思っている。

 なんで、天才三人と仲がいいかって?

 幼なじみだからだ!



 自己紹介は、ここまでにして。。。

 俺達は、しゃべりながら帰っていたらいつのまにかここに来ていたんだ。









 そして、今。

 転生しろと女神?にいわれた瞬間だった。

 俺達四人組が、少し慌てているのと比べて、

 前にいる女神は、落ち着いていた。

「貴方は、第二王子に転生してもらいます。
貴方は、第二王子の取り巻きである公爵家の長男に転生してもらいます。
貴方は、第二王子の取り巻きである伯爵家の長男に転生してもらいます。
貴方は、第二王子の取り巻きである伯爵家の次男に転生してもらいます。」

 それぞれ、何に転生するかをいわれる。

 で、俺は、伯爵家の長男に転生するみたいだ。



 これは、何かの撮影シーンかも知れないけど、あの乙女ゲーム(学園身分差恋愛物語)の第二王子は、デブで、馬鹿で、性格の悪い奴だった。それは、取り巻きも同様。最終的に、第二王子とその取り巻き三名は、第一王子とヒロインによって、処刑されるという物語だった。

 つまり、俺達は死刑予定の四人に転生するらしい。

 それは、嫌だな。



 そうだ!!!

 俺達四人が協力すれば、死刑を回避できるんじゃね!

 ただ、俺達がいつになったら会えるかとかも、わからない。

 ならば、、、



(第三者からの目線)

 この男切れ変えの速さはんぱない!





(主人公目線)

「あの、お願いがあります。」

と、俺は言う。

「何ですか?貴方達の望みは、できることなら叶えましょう。」

と、いわれる。

「えっと。四人が、たまあに通信できるようにしていただきたいのです。学園に入る前まででいいので、、、」

 もし、それをやってくれるのなら俺達の死刑を余裕で回避できるかも知れない。

「良いでしょう。貴方達は、学園に通えるまで、一ヶ月に一回連絡を取り合えるようにしましょう。」

「ありがとうございます。」





 そして、女神が別れの言葉をいってきた。

 いよいよ、本当に転生するのかぁ。









 そして、目を覚ました。


「転生! 悪役令息達の異世界奮闘記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く