同世界転生の最強貴族

夜谷 ソラ

第三十五話 四柱の神々

    あの後様々な話を聞いた。四人の神々がこの宗教、つまりアテナ神聖主義教の就任した時の話や、敵対する宗教である、ゼウス覇道信仰教との神聖戦争(神々の宗派ごとの戦争の事)を行って、勝利した話など。
    だが、良い噂だけでは無かった。面白いと思った人間や魔物等に特別な力を与え、世界を滅ぼされ掛けそうになっあり、勇者として召喚した者の力を神聖式封印術で封印したりなどもすると言う。

    そこで自分は完全気配削除を使って忍び込む事にした───のだが、入った瞬間全ての視線がこちらに集まる。

「・・・・・」

「ふぉっふぉっふぉっ。ようやく来たか破壊神ロイ・ガイアス。まあ立ち話もなんだ。そこに座ってくれ」

    誰もこれまで見えなかった完全気配削除を見破り、更には「一番上の立場にある自分にタメ口を聞くとは?」とも思ったが、「一応今の一番上の神なのだから当然か」と勝手に解決する。

「良く来たねー!流石は次期神全王になる予定だった・ ・ ・ ・ ・男だねー。ここは最大限の隠蔽魔法を常時張ってある場所だけど?」

    今理解した。全く気付かなかったが、よくよく目を凝らしてみると、確かに張ってある・・・・が、あれは全くもって最大限の魔法では無い。
   しかも、通った者の魔力を伝える術式まで組み込まれている。これには確かに最大限の隠蔽魔法が組み込まれていたが、その隠蔽魔法が何かのスキルによって術式の所載を確認出来なくしてあった。

「・・・・なるほどな。低次元過ぎて気付かなかった。通りで俺も気配にも気付いたわけだ」

    そう言って、速攻その魔法を削除した。正確に言えば、破壊した、だが。

「へー・・・・魔法のみを極めた神の術式を簡単に読み解いて、更には削除するなんて・・・・・でも、流石にスキルは消せなかったみたいだね」

「そりゃあ、スキルには神なんて居ないから把握されてないしな」

「ほー?まるでそれ以外は全て知ってるみたいな口振りだな」

    その言葉にギクッと反応してしまった。全てを知っていると言うのもある意味の罪なのだ。特にこの四柱にとっては。
    自分以上の存在がいるのは、簡単に許せる事では無いはずだ。

「まあ、良かろう。して、何用でここに参った?理由が無い等という事は無いだろう?」

「分かってるじゃないか。はっきり簡潔に済ませようか。お前らには四柱と絶対神の座を降りてもらう。これに異議を唱えるならば、神聖処罰法違反により、この場での死刑を実行に移す」

    言葉と共に、現在の二番の最高権力者、断罪の女神・フレーデより貰った処罰書を目の前に出す。これに抗った場合は死刑を受け入れるものと判断し、殺しても構わないと言うのが神界のルールだ。

「分かりました。私は四柱を降りる事にしましょう」

    一番最初に四柱を降りるというのは、地命神エリスだ。その賢明な判断に軽く微笑みかける。

「私もよ・・・・あなたにはいつまで経っても勝てそうにないもの」

    次に、魔神のニーニャが賛成した。そして、次に白い髭を生やしたお爺さんの方へと視線を送る。すると、ビクッと方を震わせる。

「わ、儂も同感じゃ・・・・・」

    創造神ゼロの賛成の意見を受け、次にその隣に座る大きな男へと視線を送る。

「うむ・・・・我も異議は無いぞ・・・・・」

    四人は答えたのだが、あと一人、武神ランドロフへと視線を送るが、ランドロフだけが何も答えない。

「───よ・・・。───けるなよ。ふざけるなよ!!・・・・・俺はようやくここまで来たんだ!こうなりゃ戦闘だ!!戦闘しかねぇー!!!」

    余程今回の事が気に食わないのか、神器に手を掛けて、そのままこちらへと向かわせて来た。それと共に、俺はスキルを唱える。

『神聖秘術式 "神の審判ジャッチメント"』

「同世界転生の最強貴族」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く