話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

同世界転生の最強貴族

夜谷 ソラ

第三十四話 神界を救う

◇破壊神 ロイ・ガイアス視点◇

    あの後事情を説明すると、その情報は瞬く間に世界中に広がった。時は過ぎて早3週間。今に至ると言う訳だ。


「さて・・・・それではリムスニア王、私は神界へ一時戻るとしよう」

    呼び捨てにしてください!と言われたので、少し違和感のある言い方になっている。

「はい、分かりました。それとなのですが、今日こんじつまで全ての国から、同盟を結びたいとの言葉を頂きました。そこで、ここに各国王が集まると思われます。ですから、早めに戻ってきて頂けると幸いです」

「分かった。出来るだけ早く終えられるようにしよう。それではな」

    そう言うとリムスニア王は一礼した。それを見て微笑みかけて、神界に転移する。しばし目を瞑る。

    目を開くいてみると、そこにあったのは、自分の知っている神界ではなかった。
    神々しい神気の気配は全く感じられず、逆に禍々しい邪気が感じられた。そこにいる多くの神々はもう死にかけのような状態だった。

「ロ・・・・イ様・・・・・な、ので・・・・すか?」

「お前は・・・・・死生神デルミアか?どうしたんだ?こんなの、あの豊かだった頃の神界はどうしたんだ?何があったか聞かせろ」

    神級の回復魔法を使い、食料などを渡すと、すぐさまそれを受け取った。すると、すぐさま食料を平らげてしまった。
    そして、回復したらしく、申し訳なさそうに一礼してから話を続ける。

「レナ様が・・・・ロイ様が処刑された事に怒り狂い、謎の魔法を使ったのでこうなってしまったのです・・・・・・」

「・・・・・・・・」

    その言葉に思わず黙り込む。
    レナとは、自身の妹である。『あんな優しかった妹が、そんな事をするはずない・・・・』と、一旦現実から目を背けてみるも、やはりこの現状と、残っている僅かな魔力から察するに、100%の確率で妹であろうと思った。

「分かった。神界にある全ての悪影響を及ぼす魔法を解こう。話はそれからだ」

「はいっ!どうにかお願いします」

『強制術式解除 "魔術恢破壊マジックソルブレイ"』

    この魔法は、その場にある単一魔法や魔法の残り跡(かい)を解析して消す代わり、MPの3割5分を消費するという物だった。その為、魔力の過剰使用による目眩や頭痛を感じる。
    自分でもよく分からない魔法を解くと、完全に神気に満ち溢れた、いつもの神界へと戻った。

「ああ!ありがとうございますロイ様!!きっと今は亡き神全王様も、さぞかしお喜びになる事でしょう!」

「・・・・そう・・・だな?」

    少し自分の記憶に違和感を覚える。

『記憶の中では処刑された時には生きていたはず・・・・じゃあいつの間に死んだと言うんだ?そもそも死ぬのか?あの圧倒的な力を持つ神全王がか?』

「・・・・・大変申し上げにくいのですが、神全王様は貴方様の父上様と母上様を殺したのです。その罪により、殺されました・・・・。それも───現在の最高神の四柱様方によって」

「同世界転生の最強貴族」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く