同世界転生の最強貴族

夜谷 ソラ

第二十八話 魔王襲来Ⅰ

    玄関の扉を開けると、目の前でリルがウロウロしていた。そして、こちらに気付いたかと思うと、笑顔で抱き着いてきた。

「おかえりなさい。ゼクロイド兄様」

「ただいま。リル」

    挨拶を返すとすぐに戻って行ってしまった。その後を追い掛けるかの如く、皆の集まっているリビングに集まる。
    すると、ジルク父様だけがこちらをじっと見ている。

「だいぶ強くなったみたいだな・・・・・だいぶ大人びたんじゃないのか?」

    かなり久しぶりに聞いた父様の声と、それに合わさって出た褒めの言葉が胸にグッとくる所があった。涙を堪えようとして、一回上を向く。父様は察したようで、微笑みを掛けてくれる。

「ありがとうございます・・・・父様・・・・・・」

    こうして、食事を始めた。三週間ほど会っていなかった為、これまでの事を話していた。話し終わった最後には、父様と母様以外の顔が引き攣っている。

    そして、食事が終わったので、二階の部屋に行こうとしたその時だった。

「みんなー!!避難してくれー!!魔族の軍勢が攻めてきたぞーー!!!」

    その言葉に驚きを隠せずにいると、「ガーンガーンガーン」と、大きな鐘の音が王都中にこだまする。

「おいシェラ。ゼクロイド以外を連れて逃げろ」

「で、でもあなた・・・・・」

「良いんだ・・・・・早く行ってくれ。今回の戦いで最後かもしれないがな・・・・・・」

    シェラ母様は、最後という言葉に涙を必死に堪えながら、三人を引き連れて、王都の地下にある防魔防の方へと向かって行った。

「さあ行くぞ!!ジルク公爵家の名に恥じぬ戦いを見せてやれ!!!」

    その言葉に小さく頷き、魔族の軍勢が居る方へと走っていくのだった。

「同世界転生の最強貴族」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く